page > 003


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編集 / 編集履歴 /タグ:

We Are All Us

われらはみなわれらなり

Peloria has been a cradle of empire since before the dawn of Time.
ペローリアは(今まで)時の夜明けの以前からの帝国の発祥地でした。
About 400 years ago the cradle became a queensized bed when Sedenya, the Lunar Goddess, was reborn in the body of a human girl.
およそ400年前に、セデーニア、月の女神、が人間の少女の死体に再生していたとき、揺りかごは queensizedなベッドになりました。
She attained immortality, brought down great powers, and reshaped the ancient and exclusive Dara Happan Empire into a new and inclusive one.
彼女は不滅を達成して、大きい力を下降させて、そして新しい、そして包括的な(の・もの・人)の中に古代の、そして高級なダラ・ハッパ人帝国(皇帝の) を作り直しました。

Sedenya is a great goddess, uniquely born within Time, who united within Herself both Cosmos and Chaos.
セデーニアは彼女自身の中で Cosmos と混沌両方を結び付けた時の中でユニークに生まれた偉大な女神です。
The old gods tried to destroy Her, but were defeated.
年がいった神々は彼女を破滅させようとしましたが、負けました。
She clothed Herself in a great piece of earth, leaving the hole called the Crater, and ascended into the heavens as the Red Moon.
彼女は、噴火口と呼ばれるホールを残して、地球の素晴らしい作品を装って、そして赤い月として天の中に登りました。
She left an Empire ruled by Her reincarnating son Takenegi, the Red Emperor.
彼女は息子 Takenegi 、赤の皇帝を生まれ変わらせて帝国(皇帝の) が彼女によって支配される状態にしておきました。

The Lunar Empire is a study in contradictions.
ルナー帝国は矛盾における研究です。
It is Many, yet One.
それは多く、それでもなお一なるものです。
It is new, yet founded on the ancient Dara Happan Empire, with a history stretching back before the dawn of time.
それは新しくて、それでもなお歴史が時間の夜明けの前に後方に広がっているという状態で、長老の上にダラ・ハッパ人帝国(皇帝の) を設立しました。
A common philosophy unites a wide range of peoples and races: ‘We Are All Us.’
共通の哲学が民族と種族の広い範囲を結び付けます:「われらはみなわれらなり」。
It believes in peaceful assimilation, and yet has the most powerful, advanced army in Glorantha.
それは平和的同化を信じて、そしてなおかつグローランサに最も強力な、先進的な陸軍を持っています。
It accepts Chaos as a part of existence, but fiercely opposes its destructive aspects.
それは混沌を存在の一部として受け入れますが、猛烈にその破壊的な局面に反対します。

Just as the Moon is cyclical, so too the Empire.
同じく、月が周期的で、そうであると全く同じように帝国(皇帝の) 。
It has suffered terrible defeats but ultimately survived and expanded.
それはひどい敗北を経験しましたが、究極的に生き残って、そして拡張しました。
Now it has come to Dragon Pass, barbarian land of the rebellious storm god Orlanatus, whose worshippers call him Orlanth.
今それはドラゴン・パス、その礼拝者が彼をオーランスと呼ぶ反抗的な嵐神 Orlanatus の野蛮な土地に来ました。
Since the Dawn Age the Empire has been periodically overrun by the Orlanthi, but this time they will be tamed.
なぜなら曙の時代、帝国(皇帝の) 、は周期的にオーランス人によって侵略されましたから、しかし今回は(彼・それ)らは飼いならされるでしょう。
It is the Hero Wars.
それは英雄戦争です。

What is the Imperial Lunar Handbook?

帝国語ルナーハンドブックは何ですか?

This is the first book of the Imperial Lunar Handbook series, which explores the rich and complex lands and peoples of the Empire.
これは豊かな、そして複雑な土地を探究する帝国語ルナーハンドブックシリーズと帝国(皇帝の) の民族の最初の本です。
It introduces the diverse homelands of the Empire that future books will explore.
それは未来の本が探検するであろう帝国(皇帝の) の多様な故国を紹介します。
Volume 2 details the Lunar religion, including magic keywords for many cults, practices, saintly orders, and wizardry schools of the Lunar Way.
ボリューム2が、多くのカルトのための魔術キーワード、練習、ルナー方法の聖人のようなオーダーと妙技学校を含めて、ルナー宗教を詳述します。

Homelands

故国

This book contains seven complete homelands from across the Empire: Dara Happa, Rinliddi, Pelanda, Carmania, Darjiin, Sylila, and the Lunar Provinces.
この本は帝国(皇帝の) の向こう側から7つの完全な故国を含んでいます:ダラ・ハッパ、リンリディ、ペランダ、カルマニア、 Darjiin 、シリーラとルナー州。
Each follows the format used in Hero-Quest, and provides All You Need to Know to begin playing a hero from that culture, including a homeland keyword, sample abilities for the common magic keyword, and a magic keyword from that culture’s specialized religion.
それぞれがヒーロークエストで使われたフォーマットを追って、そして普通の魔術キーワードとその文化からの魔術キーワードの専門的な宗教にあなたがその文化、故国キーワードを含めて、サンプル能力からヒーローと試合をし始めるために知る必要があるすべてを提供します。
Future volumes will expand on these home lands.
未来の量がこれらの本拠/交点国に膨張するでしょう。
For example, volume 3 details the land of Dara Happa, with more information on the culture, history, and religion of that ancient Empire.
例えば、ボリューム3がダラ・ハッパ、もっと多くのそれの文化、歴史と宗教についてのインフォメーションで古代帝国(皇帝の) の土地を詳述します。

Common Magic

普通の魔術

Common magic is the basic form of magic, as detailed in HeroQuest.
普通の魔術はヒーロークエストで同じぐらい詳細な魔術の基本的な形式です。
As with other keywords, the hero uses each common magic ability at the keyword rating plus any improvement bought with hero points.
他のキーワードと同じように、英雄はどんな改良でも英雄ポイントで買ったキーワード評価プラスにおいてそれぞれの普通の魔術能力を使います。
Unlike other magic, however, he generally cannot use a common magic ability on its own, only to augment another ability.
しかしながら、他の魔術と異なり、彼は一般に普通の魔術能力をそれ自身のものの上に、ただもう1つの能力を増大させることだけをするために使うことができません。

During character creation, when the player selects the five common magic talents, feats, charms, and spells his hero knows, he is not limited to those listed in the common magic religions in his keyword.
特徴創造の間に、プレーヤーが5つの共通の魔術の才能、偉業、まじないと期間を選択するとき彼の英雄が知っています、彼は彼のキーワードで共通の魔術宗教で上場されたそれらに限定されていません。
Most heroes have several sources of common magic.
たいていの英雄が普通の魔術の数人の情報提供者を持っています。
For example, a Dara Happan might have several People Talents, a feat and a spell learned from his league, and several charms from Oria and Lodril, the Great Parents.
例えば、ダラ・ハッパ人精霊力がいくつかの「ピープル」の才能を持っています、神技としばらくの間がオリアとロウドリル、大いなる両親から彼のリーグといくつかのまじないから学びました。
Players can also select talents from the basic list in the “Heroes” chapter of HeroQuest, and can specify additional common magic abilities during character creation.
プレーヤーがヒーロークエストの「英雄」支部(教会教団の)を着ている基本的なリストから同じく才能を選択することができて、そして特徴創造の間に追加の共通の魔術能力を指定することができます。
All abilities selected are part of his common magic keyword.
選択されたすべての能力は彼の普通の魔術キーワードの部分です。
If the Dara Happan traveled to Oronin and learned a talent from the Mountaintop Magics (see page 38), this would also become part of the keyword.
もしダラ・ハッパ人がオローニンに旅行して、そして山頂魔術から(ページ38を見てください)宿能を学んだなら、これは同じくキーワードの部分になるでしょう。

This Book is All You Need to Know

この本があなたが知る必要があるすべてです

to begin playing a hero from one of seven cultures from across the Empire, including a homeland keyword, sample abilities for the common magic keyword, and a magic keyword from the culture’s dominant specialized religion.
帝国(皇帝の) の向こう側から7つの文化の1からヒーローと試合をし始めるために、故国キーワードを含めて、文化の最有力の専門的な宗教から普通の魔術キーワードと魔術キーワードのために能力を試してください。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る