page > 004


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編集 / 編集履歴 /タグ:

children of the goddess

女神の子供たち

The Lunar Empire is a mighty and dynamic civilization.
ルナー帝国は力が強い、そしてダイナミックな文明社会です。
The Moon Herself hangs overhead, turning through Her weekly cycle of death and rebirth.
月が彼女自身、死と再生の彼女の週に1度のサイクルを通して回転して、頭上に掛かります。
Its boundary is the Glowline, a wall of red light that encloses it like a cloak of peace.
その境界線はグローライン、平和の外套のようにそれを囲む軽い赤の壁です。
The air beneath the Moon is cleansed of turbulent storm entities by powerful Lunar magic, and the savage forces of winter are held back by the annual Kalikos Expeditions.
月の下の空は洗浄される強力なルナー魔術によっての不穏な嵐のエンティティーと冬の戦力が押しとどめられる野蛮人、年度のカリコス遠征、.
The light of the Moon supports and propels the moonboats that carry dignitaries and messages through the sky, supernaturally augmenting its criss-crossed roads and river routes.
月の光は、超自然的にその交差される道路と川ルートを増大させて、空を通って高官とメッセージを運ぶ moonboats を支援して、そして推進させます。
On those roads march the proud troops who defend and extend this Empire, the trade that enriches it and the travelers who take the unparalleled opportunity to see new places and explore new experiences.
それらの道路の上にこの帝国(皇帝の) を守って、そして拡張する得意な兵隊、それを豊かにする貿易と新しい場所を見て、そして新しい経験を探究する比類ない機会をつかむ旅行者が行進します。

What Everyone Knows

皆が知っていること

Cilor Negial on common knowledge: ‘You get what you pay for.’
周知の事実に関する サイロール・ネギアル :「あなたはあなたが支払うものを手に入れます。」

Who Are We?

我々は誰ですか?

We Are All Us!
われらはみなわれらなり!
Sedenya teaches that everyone is equal in her divine light, and we can all become part of Her great plan.
セデーニアは皆が彼女の神のライトで等しいことを教えます、そして我々はすべて彼女の大きい計画の部分になることができます。
Of course, many people do not yet know that they are Us, but through generations-long magical projects, devoted missionary work and, when necessary, the reluctant application of force, we can help them reach this understanding.
献身的な伝道の作品、もちろん、多くの人々がまだ(彼・それ)らが Us である、しかし世代 - 長い魔法のようなプロジェクトを経験していることを知りませんそして、必要、力の気が進まないアプリケーションをとき、我々は(彼・それ)らがこの理解に達するのを手伝うことができます。
Nothing bars you from becoming Us, not birth, education, or species, as long as you accept and strive to understand Sedenya’s ways.
あなたが受け入れて、そしてセデーニアの方法を理解しようと努力する限り、何もあなたが、出生、教育、あるいは種ではなく、我々になることを禁じません。

What is the Lunar Empire?

ルナー帝国(皇帝の) ? であるもの

The political expression of the Moon’s design.
月のデザインの政治的な表現。
Only a minority within the Empire directly worship an aspect of Sedenya or another Lunar deity, but we all accept the might and majesty of the Red Emperor, Her immortal son.
ただ帝国(皇帝の) の中の少数派だけが直接セデーニアあるいはもう1つのルナー神霊の相を崇拝します、しかし我々はすべて赤の皇帝、彼女の不死の息子の精霊力と威厳を受け入れます。
The Empire comprises many different homelands and peoples, and we accept them all.
帝国(皇帝の) は多くの異なった故国を構成します、そして民族と我々は(彼・それ)らのすべてを受け入れます。

Who Rules the Empire?

誰が帝国(皇帝の) を支配しますか?

The Red Emperor: Moonson, Takenegi, Padishah!
赤の皇帝: Moonson 、 Takenegi 、 Padishah !
He rules with wisdom and charity from the Throne of Justice.
賢明さで彼は支配します、そして慈善は正義の王位からです。
Of course, as the old Pelorian saying goes, ‘The Emperor is light, the landlord is food.’
もちろん、古いペローリア人の発言が行く(とき・から・につれて・ように)、「皇帝は軽いです、家主は食物です」。
Your village elders, town magistrates, or other local leaders are much more important in daily life.
あなたの村年長者、町行政長官、あるいは他の地元のリーダーが日常生活でずっと重要です。
They obey regional rulers, who obey the satraps whom the Emperor appoints, who in turn obey the Emperor himself.
(彼・それ)らは順番に皇帝自身に従う、皇帝が任命する satraps に従う地域の支配者に従います。
In the Provinces, the Provincial Overseer in Mirin’s Cross oversees the local kings.
州で、 Mirin のクロスでの地方の管理人は地元の王を監督します。

What Do We Believe?

我々は何を信じますか?

We believe in Sedenya, the reborn Moon Goddess, and all Her aspects: Rufelza, the Red Moon who hangs comfortingly above us, day and night; Natha, the cyclical Lunar power; Taraltara, the Turner, the Moon behind the Moon.
我々がセデーニア、再生したムーン女神と彼女のすべての様相で信じます:ルフェルザ、我々、昼夜;ナーザ、周期的なルナー法力;タラルタラ、ターナー、月の後ろの月の上に慰めるように掛かる赤い月。
We believe in the Seven Mothers who brought Sedenya back to us, and in all the other Lunar gods, goddesses, spirits, and powers.
我々はセデーニアを我々に返した七母神とすべての他のルナー神々、女神、精霊と力を信頼します。
The Lunar credo is a simple prayer that states basic beliefs about our Red Goddess.
ルナー信条は我々の赤の女神についての基本的な信念を述べる単純な祈とうです。
Everyone in the Lunar Empire who has participated in any religious festival has heard it.
どんな宗教的なフェスティバルにでも参加した帝国(皇帝の) が持っているルナーの皆がそれを聞きました。
Anyone dedicated to any Lunar religion knows it by heart.
どんなルナー宗教にでも献身的な誰でもそれを暗記して知っています。
Anyone who has awakened their Seventh Soul has experienced it.
(彼・それ)らの7番目の魂を目覚めさせた人は誰でもそれを経験しました。
Above all, we believe in Sedenya’s message of progress, renewal, and inclusion.
とりわけ、我々は進歩、更新と包含のセデーニアのメッセージを信じます。
She teaches us to accept everyone and everything.
彼女は我々に皆そしてすべてを受け入れることを教えます。
She asks us to see beyond surface appearances and prejudices.
彼女は我々に向こうに見た目と偏見を見るように頼みます。
She wants us to discover our own truths.
彼女は我々が我々自身の真実を見いだすことを望みます。
Her own death, dismemberment, rebirth, disappearance, and subsequent return prove Her mastery of life after death.
彼女自身の死、手足切断、再生、消失と次の帰りは死の後に生活の彼女のマスタリーを証明します。
When everyone worships the Red Moon, a new age of peace, harmony, and plenty will come to Glorantha.
皆が赤い月を崇拝するとき、平和、調和と多くの新しい年齢がグローランサに来るでしょう。
Meanwhile, we know that the old gods worshipped by most Imperial subjects around us also have an important part in Sedenya’s great scheme of things.
一方、我々は同じく我々の周りにたいていの帝国語主題によって崇拝された年がいった神々がもののセデーニアの大きい案で重要な部分を持っていることを知っています。
Just because we embrace the new does not mean we reject the old.
ただ我々が支えるからといって、新しい(人たち・もの)は我々が古いものを拒絶することを意味しません。

The Goddess Enters Godtime

女神は Godtime に入ります

A woman is laying aside her cloak and clothing.
女性が彼女の外套と衣類をわきに置いています。
Her hair is bound in a knot on top of her head.
彼女の髪は彼女の頭の上に結び目にしばられます。
She maintains a belt with sickle knife and a wreath upon her brow.
彼女は彼女の額の上に鎌ナイフと花輪を持ってベルトを保守します。
Otherwise, she is naked.
さもなければ、彼女は裸です。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る