※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SEを定義をするための構文。
たぶんこのままので行くと思います。

ちなみに、定義データをそのままテキストベースで置くわけではないので注意が必要です。
あくまで、定義をするための方法のひとつであり、実際に置くときは変換が必要です。

説明は適当なので適当に察してください。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<se id="default" name="デフォルトSE" base="default/">
    <info>
        <!-- 作者名。 href 属性でハイパーリンク可能。 -->
        <comporser>効果音の作成者。</comporser>
        <!-- 著作権表示。 href 属性でハイパーリンク可能。 -->
        <copyright>Copyright (C) 2008 hoge</copyright>
    </info>

    <sounds>
        <!--
            書式:
                <{SE_ID} src="anyURI" loop="uint|*" />

            簡易説明 :
                指定したSE_IDに src で指定したサウンドを関連付けます。

            詳細説明 :
                {SE_ID} :
                    関連付けたいSEのタイミング名です。
                    enter, talk, out, walk, info などがあります。
                    省略はできません。

                src 属性 :
                    再生するサウンドへのアドレスです。
                    相対アドレスのみ使用可能です。
                    省略はできません。

                loop 属性 :
                    再生する回数です。正の整数か * を指定できます。
                    正の整数の場合はその回数分再生します。
                    * の場合はそのアクションが終わるまでループします。
                    省略した場合は 1 を指定したときと同じになり、
                    一回のみ再生されます。
        -->
        <enter src="enter.mp3" />
        <talk src="talk.mp3" />
    <sounds>
</se>