※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マップでのエフェクトを定義をするための構文。
たぶんこのままので行くと思います。

ちなみに、定義データをそのままテキストベースで置くわけではないので注意が必要です。
あくまで、定義をするための方法のひとつであり、実際に置くときは変換が必要です。

説明はほぼ無いので察してください。

// effectScript
// xslt風にしたかったけど、エスケープ関係が気に入らなかったのでバッチファイル風

// general
// exargは仕様を変更したので無くなりました。
command arg1 arg2 arg3 ... argN

// 半角スペースで区切るので、データに半角スペースを含ませるときは""で囲む。
// また、""で囲んだとき、"を含ませるときは \" とする事で使用できます。
// \を含ませるときは \\ とします。
// 改行は \n、タブは \t など他にも色々あります。

obj * itemName [-target id]
// * = btm, top, mbtm, mtop
// id = chr, place

warp id [-far mapID]
// id = 座標 ID
// -far mapID = 別のマップに飛ぶとき

calc "hoge"
// hoge = 数式

hp amount
mp amount
// amount = 増減量を示した整数

action id
status id
// id = 変更後のステータス名

walk dir
direct dir
// dir = up, right, left, right

seplay id
// id = timming id

setheme id
// id = seTheme id

system msgID -argName argData -arg2Name arg2Data ... -arg*Name arg*Data
// マップIDと一致するクラスに対してメッセージを送り出します。

message "msg"
// デバッグ用