キャブ?それっておいしいの?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エンジンが心臓なら、キャブは肺と胃です。
ジャイロだってエサがなければ動けません。


キャブレターからは、エンジンに空気とガソリンとオイルが供給されますが、
ガソリン供給に使われる、メインジェットと、スロージェットというパーツが
詰まってることが多々あります。特にスロー。
スローは掃除しようにもなかなか規定の穴径まで汚れが取れないので、
買っちゃった方が早いです。純正のスロージェットを買うのが一番確実です。
そのときについでにキャブのパッキンセットも買いましょう。

メインジェットのつまりの場合は外して一晩灯油につけ、歯ブラシかなんかで
ブレーキクリーナーかけながら洗うとOKです。
キャブ掃除専用治具を使ってもいいですが、 ステンレス真鍮製 のブラシは
使わないでください。穴が削れて番手が狂ってしまいます。
白さびが出ておとせねぇorz場合はバイクパーツ屋で「ケイヒン 丸小」
というメインジェットを買えばおkです。

で、キャブ整備時の重要注意点ですが、下側のカバーを開けたときに出てくる
黒いプラ製の 「フロート」 ですが、
これに付いてるアルミ製の板状物体は 絶対に曲げてはいけません。
これを曲げてしまうと、キャブ内でのガソリン供給量に変化が起きて、
ガソリンだだ漏れの燃費激糞&フルカブリッコになるか、逆にガソリン供給が遅くなって
エンジンこんがりかどちらかの運命が待っています。
曲げちゃったあとの調整は スーパー面倒 です。

すでに油面が狂っててキャブのオーバーフローからガソリンが出まくるとか言う時は
これをいじらなければならなくなりますが。

あと、キャブ清掃して、SJもMJもきれいにして組み込んだのに、今度はメチャクチャ濃いンだけど・・・?って時は
たぶんスロットルの横にあるオートチョークが死んでます。
これは死んだら交換しか手はないので、素直にホンダで新品買いましょう。
億とかで買うと死にかけだったりすることもあって不確実ですから。

キャブ清掃が終わったら、キャブ本体や周りのスラッジをきれいにブレーキクリーナーで
落としてやれば見た目もよくなり愛着もわくという物です。
きれいにしておかないと漏れや不具合にも気づきにくくなるし、何よりダサイです。