第1章「自責の念」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1章 自責の念

 授業が終わった夕方。
 ハリーは寮へ戻らず、1人で庭に出た。
 そして、その場に腰を下ろした。
(…シリウス……)
 ハリーはまだ、シリウスが死んだという現実を受け入れることができなかった。
 頭ではわかっていても、気持ちの整理ができていなかった。
「シリウス… 僕はまだ信じられないよ。あなたがいなくなってしまったなんて…。 だけど、僕がヴォルデモートの罠にはまりさえしなければ、あなたはあんなことにはならなかった。 ごめんなさい。 シリウス」
 次の瞬間、頬から一筋の涙がこぼれ落ちた。
 ハリーはひざに顔をうめて泣き出した。


 数分後。
 ハリーの肩に、そっと手が置かれたような感覚がした。
 泣いていたハリーは、涙を拭いて 振り向いた。
 そばには誰一人いなかった。
(気のせいかな…?)
 ハリーは立ち上がり、ホグワーツへと戻っていった。


第2章へ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。