第2章「鏡の変化」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2章 鏡の変化

 大広間で夕食を終えたハリーは、寮の寝室へと向かった。
 トランクの中にしまってある 割れた鏡を取り出して、ベッドに腰掛けた。
 グリモールド・プレイス12番地で、別れ際にシリウスから渡された両面鏡である。
(シリウス… 僕がだまされさえしなければ、あなたはあんなことにはならなかった…。あなたと過ごせた時間は、あまりにも短かった…)
 一瞬、その鏡に何かがうつったように見えた。
 ハリーは鏡のかけらを手に取り、じっと見つめた。
 特に変化はない。
 ハリーは鏡をトランクの中にしまい、ふたを閉めた。


 夜。
 ハリーはベッドに横になり、目を閉じた。
 しかし、安らかな眠りにはならなかった。
 神秘部での出来事が、悪夢としてよみがえったのだ。
「シリ…ウス…… 僕のせいで、ごめんなさい…」
 ハリーの頬を涙が伝う。

 そして、数分後。
「…リー… ハリー… ハリー」
 自分の名前を呼ぶ声が聞こえ、ハリーはゆっくり目を開けた。


第3章へ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。