最終章「希望の明日へ」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終章 希望の明日へ

  シリウスが鏡から消えた後、ハリーの頬を一筋の涙が伝い流れた。
 ハリーは慌てて、手で涙をぬぐうと 寝室へと戻っていった。
 音を立てないように細心の注意をはらいながら鏡をしまい、透明マントを脱ぐと、再びベッドに横になった。
 彼の脳裏には、シリウスが最後に言い残した言葉が焼きついていた。
 シリウスの言葉は、ハリーにほんの少し勇気をくれた。
 彼を失ったハリーが、再び1歩を踏み出すための勇気を。
(ありがとう、シリウス。 明日から少しずつ、前向きにがんばっていくよ。 だから僕のことを見守っていて… )

END

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。