※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニュース過去ログ2010年-2


  • 東欧圏でも、ウクライナ・キエフのアニメフェスティバルで2010年11月5日に、ロシア・モスクワでは11月21日から「涼宮ハルヒの消失」を上映する模様です。→ソース (日本語ではありません。情報はアニメ映画板part141スレから)
  • 2010年10月20日、雑誌の早売り画像にてゲーム「涼宮ハルヒの追想」の発売予定が明らかに。世界観は劇場版『涼宮ハルヒの消失』直後の話。何らかの理由でキョンが北高祭当日に飛ばされるという話。PS3とPSPで2011年発売予定。詳しくはゲームの項参照。
  • 2010年10月05日、SOS団公式の上映予定が久々に更新。愛知県のミッドランドシネマ名古屋空港で11月6日から1週間限定上映です。第三弾入場者プレゼント(下敷き)&リピーター特典も実施。
  • 公開予定が6月から延び延びになっていた、 ハワイ Consolidated Theaters の「Spotlight Asia!」企画での上映ですが、2010年10月29日(現地時間)公開となる模様です。上映場所は、ホノルルのダイヤモンドヘッドにほど近いショッピングセンター カハラモール の中にある、 Kahala Theatre です。→ソース
  • 2010年11月13~14日にシンガポールで開催されるANIME FESTIVAL ASIAでも、「涼宮ハルヒの消失」を上映する模様です。
  • 2010年09月25日(土)深夜、名古屋市中区の 伏見ミリオン座 で、ミリオンオールナイトシネマ Vol.54 ~大ヒットアニメアンコールナイト~として、「涼宮ハルヒの消失」「劇場版Fate/Stay Night」「劇場版 "文学少女"」を3本立てで徹夜で上映するという企画が行われます。ハルヒの上映時間は23:00~1:45で、全部観ると午前6時まで。前売りは3本で1800円です。→映画屋どっとcom
  • 2010年09月06日更新の台湾公式サイトで、10/22からの上映館7館(台北2ヶ所、中壢、新竹、台中、台南、高雄)が明らかになっています。先着特典は、SOS団5人のステッカー(5.4×8.6cm)。台湾版の予告動画もyoutubeにアップされています→YouTube - 2010-10-22《涼宮春日的消失》電影預告
  • 2010年10月26日にツガノガクの涼宮ハルヒの憂鬱第12巻、11月25日に涼宮ハルヒちゃんの憂鬱第5巻、長門有希ちゃんの消失第2巻が発売予定。
  • 2010年09月05日付 読売新聞京都版 に、映画 「涼宮ハルヒの消失」 作画監督  池田晶子さん、西屋太志さんのインタビューが掲載されています。
  • 2010年09月04日にヤングエース10月号が発売。長門有希ちゃんの消失は番外編で8ページ掲載。
  • 2010年08月30日発売のザ・スニーカー10月号では涼宮ハルヒ関連の特集記事はなし、ハルヒ関連情報はカトキハジメ等の既報のみ。付録は、 『SOS団カレー』下敷き 。涼宮ハルヒちゃんの憂鬱は4ページ。内容は部室内でサッカーをして備品を壊す話。次号の付録は涼宮ハルヒ合格シール。
  • 2010年08月26日発売の少年エース2010年10月号にて、涼宮ハルヒちゃんのゲーム化発表!!タイトルは『 涼宮ハルヒちゃんの麻雀 』、ハードはプレイステーションポータブル(PSP)。発売元は角川書店と見られ、DX版(ねんどろいどぷち付き等)と通常版の予約が開始している。ティザーサイトが公開している。 http://www.kadokawa.co.jp/game/haruhichan/
    • その他の情報としては、公式アンソロ第3弾『 涼宮ハルヒの絢爛 』で寄稿した カトキハジメの涼宮ハルヒ(半メカ&バニー)の立体化 が企画中!!
    • 少年エース付録は涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 』のコルクボード。素材的にふやふやしている。
    • ツガノガクの漫画は第60話『編集長★一直線!』第5話(完結編)。最後に吉村美代子の姿やハカセくんのコマが登場。全34ページ。次号の展開は不明、12巻は2010年10月26日発売。
    • ぷよの『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』は巻頭カラー。孤島行って遊ぶ話。国木田等男性陣がスク水姿となり、国木田が目立っている。
  • 2010年08月29日(日)、 飯田センゲキシネマズ の上映終了と 京成ローザ10 の再々上映終了で、2/6の公開以来初めて全国の「涼宮ハルヒの消失」上映館がなくなりました。残る国内の上映予定館は山形県の 鶴岡まちなかキネマ (9/18-24)が発表されていますが、増えることはあるでしょうか?
  • 2010年08月27日  京アニショップ では、 涼宮ハルヒの消失・カレンダー2011 の予約を開始。 キョンがあの時、ENTERキーを押さなかったら…?という「もしも」の世界! と、消失世界でのSOS団の1年間を描いた書き下ろしとなっています。税込2000円送料別。
  • 2010年08月26日、 「土曜日発売は流通の都合であり得ないだろ」 との大方の予想を覆し、 映画「涼宮ハルヒの消失 のBlu-ray/DVD発売が2010年12月18日と報じられた→AV Watch。BD限定版は脚本集と特典ディスク付で9,450円。
  • 2010年08月20日頃から、 涼宮春日的消失 涼宮ハルヒの消失 台湾公式サイトが開設されています。台湾公開は10/22。
  • 2010年07月28日の公式更新で、8/6(金)のTOHOシネマズアニメナイト上映(全国11館、一日限定)についてと、劇場来場者キャンペーン第三弾配布日の告知あり。アニメナイトに来場した方全員については第三弾の下敷き配布があるとのことです。各館とも夜間帯の上映となるため、各県の条例で入場できない18歳未満の方残念でした。
  • 「今年秋期 SOS團香港登陸確定! 凉宫春日的消失 2010年‧秋‧香港瞩目上映」 という告知チラシの目撃情報が、香港であがっているようです。→ブログ 画像
  • 2010年07月26日発売の月刊少年エース2010年9月号の情報は、涼宮ハルヒイラストレーションズの情報のほか、涼宮ハルヒの憂鬱BD-BOXの情報、涼宮ハルヒ劇場が収録されている「S BLUE」の情報など。次号10月号の付録は「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱コルクボード」。ツガノガク版涼宮ハルヒの憂鬱は今回も 涼宮ハルヒの憤慨 収録 編集長★一直線!! 第4話目。キョンが小説を書き始める。ぷよ版の涼宮ハルヒちゃんの憂鬱は、古泉がもどってくる話。
  • 2010年07月23日、「涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイコンプリートBOX」の発売日を当初発表の10/22から11/26に延期すると発表。その理由を 想定していた以上のカットの手直し、撮影の手直し等、いろいろと手を加えなくてはならなくなりました。 と涼宮ハルヒ団長が語っています→ソース仕様チェックするべし。
  • 2010年07月21日、かねてから「らっきー☆れーさー」で白石稔が「夏休みに来るとなにかいいことがあるかもしれない」と言っていたとおり、劇場来場者キャンペーン第三弾の概要が明らかに。「特製 長門有希の改変世界のワンシーン下敷き」(B6サイズ版 表:池田晶子描き下ろし(長門有希とキョン)裏:谷川流による長門有希のポエム)を配布するとのこと。配布開始日等は後日発表→ソースとのことですが、もう公開館も数少ないのに…という怨嗟の声も。ちなみに同日、7/23上映終了予定だった フォーラム盛岡・山形 で揃って上映1週間延長が発表されました。
  • 2010年7月8日付animenewsnetworkによると、茅原実里が10月9日にニューヨークでイベント、そのあと「消失」の上映もあるらしいとのこと。
  • 結局、2010年の「全国一斉七夕デー」では恒例の公式ホームページイベントはありませんでした。ただ、前項記載のコンプリートBD-BOX発売発表のほか、京アニからは 劇場版「涼宮ハルヒの消失」フィギュア|長門有希 特設WEBサイトがこの日立ち上がりました。1/8フィギュアで、発売日・価格は未定とのこと。また、ゲーマーズ本店では 「涼宮ハルヒの果汁」 のバラ売りが7日から始まったそうです。1本194円。→アキバBlog
  • 2010年7月9日売り号の月刊ニュータイプ2010年8月号にて「 涼宮ハルヒの憂鬱コンプリートBD-BOX 」の発売が発表された! 予価は39900円(税込) ということでAmazonの27%割引だと3万円を切ってしまう価格設定となっている。 収録内容はTVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」全28話 とライブイベント「 涼宮ハルヒの激奏 」、コンサート「 涼宮ハルヒの弦奏 」のほか、映像特典を多数収録予定とのこと! 発売予定は2010年10月22日金曜日 を予定。
  • 2010年07月03日公開のアイシネマ今治の支配人Blogで、コスプレの希望を募集したところ、なんとコメント欄でダントツ人気だったのが「キョン子」。そこで栗色の髪を黒く染めなおして ポニーテールの練習を毎日します! ポニーテールって、結構結うのが難しいのですよね(´・ω・`)。と張り切ってみた結果が…手違いで制服到着が初日に間に合わなかった。(7/7追記 7/4夕方にようやく制服到着。土曜日と日曜日の朝の回の10:50の受付時には制服着用で頑張ります!とのこと)
  • 2010年07月1日発売のスニーカー文庫、ザ・スニーカー100号記念アンソロジーSIDEBLUEにて、涼宮ハルヒ劇場の第1話のみ収録されている。