※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

涼宮ハルヒの驚愕(後)


基礎データ

  • 著:谷川流
  • 口絵・イラスト・表紙:いとうのいぢ
  • 口絵、本文デザイン:中デザイン事務所
  • 初版発行年月日:2011年5月25日(初回限定版)
    • 初回限定版は5月25日、通常版は6月15日発売である。
  • 本編ページ276P
  • 表紙絵:佐々木
  • タイトル色:青色
  • 初出:書き下ろし
  • 初出順第28話

裏表紙のあらすじ紹介

団長閣下による難関極まりないSOS団入団試験を突破する一年生がいるとは思わなかったが、俺に押しつけられた「雑用係」という不本意な肩書きを譲渡できる人員を得た幸運を噛みしめるのに、何のはばかりもないはずだ。なのに、ハルヒ同席のあのぎこちない再会以来、佐々木たちが顔を見せないことが妙に引っかかるのはどうしてかね。類い稀なる経験に裏打ちされた我が第六感は、何を伝えたいんだ?圧巻シリーズ第11巻!


目次

  • 第七章・・・Page5
  • 第八章・・・Page79
  • 第九章・・・Page136
  • 最終章・・・Page149
  • エピローグ・・・Page222
  • あとがき・・・Page282

アニメ

  • 全編未アニメ化

漫画

ツガノガク版(雑誌の発表号などの詳しい情報は ツガノ版漫画時系列 で)

  • コミックス第19巻に収録
    • 第89話『涼宮ハルヒの驚愕VIII』(P5-P51、最初(第7章)からキョンの家を尋ねたヤスミが帰宅するまで(α10の最初から最後まで))
    • 第90話『涼宮ハルヒの驚愕IX』(P51-P93、β10の最初からヤスミが謎の花を持ってくる場面を経てβ10の終了、そして第8章α11に入りキョンがヤスミから手紙をもらい長門のアドバイスを受けるまで)
    • 第91話『涼宮ハルヒの驚愕X』(P93-P139、α11の部活を休んだヤスミから提供された花をハルヒたちが眺める場面からα11の終了そして、佐々木たちとタクシーを同乗するβ11を経て第9章のβ12の佐々木の閉鎖空間において藤原・橘とともにSOS団の部室へノックするまでを経て、α12の最初からキョンとヤスミがノック音を聞くまで)
    • 第92話『涼宮ハルヒの驚愕XI』(P139-P169、α12とβ12の合流により最終章に入り古泉と朝比奈みくる(大)、九曜の合流を経て藤原が朝比奈みくる(大)に向けて願望を叫ぶところまで)

  • コミックス第20巻に収録
    • 第93話『涼宮ハルヒの驚愕XII』(P170-P192、藤原の必死の叫びから、九曜によって転送されて転落するハルヒを助けようと窓から飛び抱きとめるキョンのシーンまで)
    • 第94話『涼宮ハルヒの驚愕XIII』(P192-P221、神人が現れるシーンより最終章の最後まで)
    • 第95話『涼宮ハルヒの驚愕XIV』(P222-P241、エピローグよりキョン宅を訪問した古泉が事の顛末とハルヒについて話すシーンまで)
    • 第96話『涼宮ハルヒの驚愕XV』(P241-P265、古泉と機関の上下関係について話すシーンから鶴屋さんとの会話まで)
    • 第97話『涼宮ハルヒの驚愕XVI』(P265-P281、国木田との会話から最後まで)

登場キャラクター(原作のみ登場)

  • キョン
  • 涼宮ハルヒ
  • 朝比奈みくる
  • 古泉一樹
  • 長門有希
  • 佐々木
  • 橘京子
  • 周防九曜
  • 藤原
  • 渡橋泰水(ヤスミ、わたぁし)

あらすじ

ハルヒの入団試験に唯一合格した「ヤスミ」。
古泉や長門は「ヤスミ」を一般人だと言うが、とても気になる・・・

後に繋がる伏線

こぼれ話

P21に「バンド活動に目覚めたハルヒによって俺たちがしなくてもいい苦労と思わぬ事態を招き入れたのは誤算だったが。」
とあるが、これは谷川流が脚本原案を務めたドラマCD『 サウンドアラウンド 』の事か、あるいは未だ語られていない(発表されていない)エピソードの事なのかは現時点では不明。

刊行順

第10巻『涼宮ハルヒの驚愕(前) 第11巻『涼宮ハルヒの驚愕(後)』