Henehefu 用 ウィキ

メニュー



- Views

最近の更新

取得中です。

iOS > CoreData > 削除ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Deny(拒否)

関係のデスティネーションに少なくとも 1 つのオブジェクトが存在すれば、ソースオブジェクトを削除することはできません。たとえば、ある部署を取り除く場合は、当該部署の全従業員をまず他の部署に異動しないと(あるいは解雇しないと)、その部署を削除できません。

Nullify(無効にする)

デスティネーションとするオブジェクトの逆関係をヌルに設定します。たとえば、部署を削除するときに、現在のメンバ全員の部署をヌルに設定します。これが意味をなすのは、従業員に対する部署関係がオプションである場合、または次の保存操作の前に各従業員に新しい部署を設定する場合だけです。

Cascade(カスケード)

関係のデスティネーションにあるオブジェクトを削除します。たとえば、部署を削除するときに、当該部署の全従業員を解雇します。

No Action(アクションなし)

関係のデスティネーションとなるオブジェクトに何もしません。たとえば、部署を削除するときに、従業員が当該部署に所属していると信じていても、全従業員をそのままにしておきます。

タグ一覧