※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

導入初期設定

PHP 5.1.4以降のバージョンでないと、動作保障されていないので、
Linuxで開発を行う場合は、
   PHP(http://www.php.net/)
   Apache(http://www.apache.jp/)
   MySql(http://www.mysql.com/) または、PostgreSql(http://www.postgresql.jp/) を
    個々に最新の動作安定版をインストールします.
Windows環境で開発を行うには、
   XAMPP(http://www.apachefriends.org/jp/index.html) で
    最新バージョンをインストールすることをお勧めします.

ここでは、特に上記のインストール方法などは説明しません.


ZendFrameworkのダウンロード

公式サイト(http://framework.zend.com/download/latest)より最新版をダウンロード.
ダウンロードした圧縮ファイルは、展開しておく.

 

▼ Linux環境へのインストール 

php.iniファイルの編集
504行目付近に下記のに色つきを追加し、PHPが参照できるフォルダを指定する.

***************************************************************************************
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Paths and Directories ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

; UNIX: "/path1:/path2"
;include_path = ".:/php/includes"
include_path = ".:/usr/local/ZendFramework/library"

;
; Windows: "\path1;\path2"
;include_path = ".;c:\php\includes"
***************************************************************************************

php.iniファイルが見つからない場合には、検索で探してみてね.
私の場合、fedora(Linux)で開発しているので、yumコマンドで
# yum install pnp
を行ったので、/etc/php.ini になってたけど、
ソースからインストールを行うと、/usr/local/lib の中に php.iniファイルを置くのが一般的だと思います.

◆例えば、レンタルサーバーなどで直接php.iniファイルを操作できない場合には

  1. ZendFrameworkのファイルを、公開用フォルダと同階層にアップロードする.
    例えば、/public_html なら /ZendFramework とする.
  2. .htaccessファイルの設定(ファイルがない場合は作成し、すでに存在する場合には追加)
    php_value include_path "./ZendFramework/library" を記述しパスを通す設定をする.

    もし、.htaccessファイルの設定ができないレンタルサーバーの場合には、phpファイルにて設定
    $path = '/ZendFramework/library';
    set_incluce_path(get_include_path() . PATH_SEPARATOR . $path);

 

▼ Windows環境へのインストール 

xampp自体を、Cドライブの直下(C:¥xampp)にインストールし、
ZendFrameworkをxamppフォルダの直下(C:¥xampp¥ZendFramework)にインスールしたとします.
php.iniファイルの設定を変更します.
「C:¥xampp¥apache¥bin¥php.ini」ファイルを開き、456行目付近に下記のに色つきを追加し、PHPが参照できるフォルダを指定する.

***********************************************************************************************
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Paths and Directories ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

; UNIX: "/path1:/path2"
;include_path = ".:/php/includes"
;
; Windows: "\path1;\path2"
include_path = ".;C:\xampp\php\pear\;C:\xampp\ZendFramework\library\"

; The root of the PHP pages, used only if nonempty.
; if PHP was not compiled with FORCE_REDIRECT, you SHOULD set doc_root
; if you are running php as a CGI under any web server (other than IIS)
; see documentation for security issues.  The alternate is to use the
; cgi.force_redirect configuration below
doc_root =
***********************************************************************************************

もし、php.iniファイルの操作ができない場合や、.htaccessファイルが使用できない場合の設定は、linux環境へのインストールの説明を参考にしてください.

設定が終了したら、一度Apacheの方を再起動します.
設定ファイル(php.iniやhttp.conf)などの変更を行った際には、Apacheの再起動をしないと、最新の設定内容が反映されません.

 

 


 動作確認

 ZendFrameworkが動作するか確認してみましょう.
test.phpファイルを作成し、以下のソースを記述します.

<?php
  require_once 'Zend/Date.php';
    $date = new Zend_Date();
    echo $date->get(Zend_Date::DATE_LONG);

◆set_include_path()を使用した場合

<?php
$path = '/usr/local/ZendFramework/library';  //
Windowsの場合のパスは、C:\xampp\ZendFramework\library\
set_include_path(get_include_path() . PATH_SEPARATOR . $path); 
require_once 'Zend/Date.php';
    $date = new Zend_Date();
    echo $date->get(Zend_Date::DATE_LONG);

このファイル(test.php)を、ブラウザ(http://localhost)で確認できるドキュメントルートにアップロードします.

例えば、Windowsの場合は、C:\xampp\htdocs に、test.phpを挿入.
Linuxの場合インストール時の設定により、/var/www/html だったり /home/ユーザ名/public などに、test.phpを挿入します.

 

ソースを見て、何で<?phpの、終了タグ(?>)がないのか疑問に思われた方がいらっしゃるかと思いますが、
ZendFrameworkでは、使用しない事になっています.(別にあっても動作するけどね)
何故かというと、終了タグ(?>)の後に、空白や改行が挿入されていた場合に、ブラウザ上で出力されてしまうからです.

 

 



 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|