※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日付/時刻関数

  • ここでは、使用頻度の高い日付/時刻関数群の説明をします

 

日付/時刻用の関数

getdate関数
機能と返り値 現在の日付を返す.返り値を変数に代入した後、日付の要素を [ ] で指定することにより、個々の要素を別々に扱います
引数 なし
<?php
//現在の日付を取得し、変数に代入
    $now = getdate();

    //日付の各要素を表示   
    print  $now["year"] . " 年<br />";
    print  $now["mon"] . " 月<br />";
    print  $now["mday"] . " 日<br />";
    print  $now["hours"] . " 時<br />";
    print  $now["minutes"] . " 分<br />";
    print  $now["seconds"] . " 秒<br />";
?>

 

date関数
機能と返り値 現在の日付を返す
引数 第一引数に書式【 " 】で囲んで指定することにより、さまざまなフォーマットで現在の日付を得られる
<?php
    print  date("Y/m/d");   
    print  date("y/n/j");
    print  date("Y年m月d日(D)");
    print  date("h:i:s");
    print  date("A g時i分s秒");
?>

◆書式一覧

書式文字 内容
Y 年 (4桁)
y 年 (2桁)
m 月 (先頭に0を付加した2桁)
n 月 (先頭に0をつけない)
M 月 (【jan】などの短い英字)
F 月 (【january】などの長い英字)
d 日 (先頭に0を付加した2桁)
j 日 (先頭に0をつけない)
D 曜日 (【mon】などの短い英字)
I 曜日 (【monday】などの長い英字)
w 曜日 (日曜=0 ~ 土曜=6 の数値)
a am または pm
A AM または PM
h 時 (先頭に0を付加した12時間単位)
H 時 (先頭に0を付加した24時間単位)
g 時 (先頭に0をつけない12時間単位)
G 時 (先頭に0をつけない24時間単位)
i 分 (先頭に0を付加した2桁)
s 秒 (先頭に0を付加した2桁)
t その月の日数  (31や29など)
U 1970/01/01からの通算秒数
z その年の通算日

 

 

time関数
機能と返り値 1970年1月1日からの通算秒数を返す.2つの日付を比較する場合などに使用
引数 なし
<?php
    $start = time();        //現在の通算秒数を変数$startに代入
    for ($i = 0; $i < 10000; $i++) {
         print  $i;
    }
    $end = time();        //現在の通算秒数を変数$endに代入
    print  "処理時間(秒) = " . ($end - $start);      //ここでfor文でかかった秒数を換算 
?>

 

checkdate関数
機能と返り値 実在する日付が正しいかチェック.正しい場合はtrue
引数 月、日、年の順番に3つ引数を指定

<?php
    $year = 2010;
    $month = 2;
    $day = 30;

    if (checkdate($month, $day, $year)) {
         print  "日付は正しい";
    } else {
         print  "日付は正しくない";
    }
?>

 

strtotime関数
機能と返り値 現在の日付を元に、指定された別の日付を求める
引数 求めたい別の日時を、決められた文字列を【 " 】で囲んで指定

<?php
    //今日の日付をベースに別の日付を求める
    print  "今日は、" . date("Y/m/d") . "です<br />";
    print  "昨日は、" . date("Y/m/d", strtotime("-1 day")) . "です<br />";
    print  "明日は、" . date("Y/m/d", strtotime("+1 day")) . "です<br />";
    print  "2か月後は、" . date("Y/m/d", strtotime("+2 month")) . "です<br />";

    //現在時刻に対する時刻を表示
    print  "現在時刻は、" . date("h:i:s") . "です</br>";
    print  "9時間30分後は、" . date("h:i:s", strtotime("+9 hours 30 minutes")) . "です</br>";
?>

◆書式一覧

文字列 内容
 +1 month  1か月後
 +1 day  1日後
 +1 week  1週間後
 next Monday  最後の月曜日
 last Monday  次の月曜日
 +1 hours  1時間後
 +1 minutes  1分後
 +1 seconds  1秒後

 

 

 

 

 

 



 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|