※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

文字列関数

  • ここでは、使用頻度の高い文字列関数群の説明をします

 

文字列用の関数

strlen関数
機能と返り値 文字列の長さを返す.全角文字の長さ=2で、空文字=0です
引数 任意の文字列
<?php
    $a = "abcdefg";
    print  strlen($a);
?>

 

trim / ltrim / rtrim関数
機能と返り値 文字列からスペースを除いた文字列を返す.trimは、前後.ltrimは、前から.rtrimは、後ろから.
引数 第一引数に任意の文字列を指定.第二引数は省略可能だが、任意の文字列指定で、その文字を取り除く
<?php
    $a = "  wikiにて編集  ";
    //前後スペースを取り除く
    print  trim($a);

    //「編集」文字を取り除く
    print  trim($a, "編集");

?>

 

strpos / strrpos関数
機能と返り値 strposは、引数の文字列内を検索し最初に現れる文字位置を返す.strtposは、逆に最後に現れる文字位置を返す.開始カウントは0からで、全角文字は2文字分としてカウント
引数 第一引数は検索される文字列.第二引数は、そこから見つけたい文字や文字列を指定
<?php
    $a = "hitoshop@ウィキ";
    //先頭からpを探します
    print  strpos($a, "ウ");
    //後ろからpを探します
    print  strrpos($a, "p");
?>

 

substr関数
機能と返り値 文字列の中から一部分を抜粋
引数 第一引数に文字列を指定.第二引数には取り出し開始位置.第三引数には取り出す長さを指定.先頭の文字位置は0で全角文字の長さは2です
<?php
    $a = "hitoshop@ウィキ";
    //4文字目から3文字分抜粋
    print  substr($a, 3, 3);
    //先頭から7文字抜粋
    print  substr($a, 0, 7);
    //8文字目から後ろすべて抜粋
    print  substr($a, 8);
?>

 

strchr関数とstrrchr関数
機能と返り値 strchrは、文字列内を検索し、指定した文字が最初に現れる位置以降の文字列を返す.strrchrは、その逆で最後に現れた位置以降の文字列を返す
引数 第一引数に文字列を指定.第二引数に検索する文字を指定

<?php
    $a = "2010/12/31";
    //最初の【 / 】以降の文字列を抜粋
   print  strchr($a, "/");
    //最後の【 / 】以降の文字列を抜粋
   print  strrchr($a, "/");
?>

 

 

ctrcmp関数
機能と返り値 2つの文字列を比較し、同じかどうかを返す
引数 比較対照の2つの文字列を第一引数 / 第二引数に指定
<?php
    $a = "abcdefg";
    $b = "hijklnm";

//2つが同じなら0を返し、違う場合には引数の大小に応じてtrue(1),false(-1)を返す
    switch (strcmp($a, $b)) {
        case 0:
            print  "2つの文字列は等しい";
            break;
        case 1:
            print  "変数$aの方が大きい";
            break;
        case -1:
            print  "変数$bの方が大きい";
            break;
    }
?>

 

 

strtr / str_replace関数
機能と返り値 指定した文字にマッチする部分を別の文字に置換する
引数 strtrの引数は「元の文字列、置換前文字、置換後文字」.str_replaceの引数は、「置換前文字、置換後文字、元の文字列」
<?php
    $a = "123123456123";
    //【 1 】を【 + 】に置換
    print  strtr($a, "1", "+");
    print  str_replace("1", "+", $a);
?>

 

 

substr_replace関数
機能と返り値 指定した位置から、指定した分を別の文字列に置換.先頭文字位置を0とし、全角文字の長さは2カウントされる
引数 4つの引数「元の文字列、置きかえる文字列、置換開始位置、置き換え長さ」
<?php
    $a = "123456789";
    print  substr_replace($a, "++++++", 2, 4);
?>

 

 

str_pad関数
機能と返り値 文字列全体が指定した長さになるよう、文字列の前後を指定した文字で埋める
引数 4つの引数で、「元の文字列、最終文字列の長さ、前後を埋める文字、文字列の埋め方」
<?php
    $a = "12345";

//第4引数には、
//STR_PAD_LEFT    (左を指定文字で埋める)
//STR_PAD_RIGHT  (右を指定文字で埋める)
//STR_PAD_BOTH   (左右を指定文字で埋める)
    print  str_pad($a, 8, "0", STR_PAD_LEFT);
    print  str_pad($a, 10, "+", STR_PAD_BOTH);
    print  str_pad($a, 8, "0", STR_PAD_RIGHT);
?>

 

 

strtoupper / strtolower関数
機能と返り値 strtoupperは、アルファベットの文字列を大文字に置換.strtolowerは小文字に置換
引数 任意の文字列
<?php
    $a = "HitoShOp14WiKi";
    print  strtoupper($a);
    print  strtolower($a);
?>

 

 

 

 

 

 

 



 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|