※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本設定

 windows環境であれば、xamppをインストールしてphpMyAdminを使用するのが一般的だろうけど、基本mysqlコマンドは覚えておいた方が良いと思い掲載します。

mysqlコマンドの起動

◆windows環境でコマンドプロンプトを立ち上げ、xamppをCドライブの直下にインストールしたと仮定して
1. mysqlコマンドが使用できるフォルダまで移動
    cd C:\xampp\mysql\bin
2. mysqlにroot権限でログイン
    mysql -u root -p
3. パスワードを聞かれるので設定したパスワード入力。初期値は何も入力なしで「enter」
4.mysql>となり、mysqlコマンドが入力可能になる
注意 mysqlのサービスが停止状態ではエラー表示になる。

◆linux(fedora)環境では、yum install mysql mysql-server でインストールしたと仮定して
1. mysqlサーバの起動
    /etc/rc.d/init.d/mysqld start
2. mysqlにroot権限でログイン
    mysql -u root -p
3. パスワードを聞かれるので設定したパスワード入力。
4.mysql>となり、mysqlコマンドが入力可能になる

 

コマンド 説明
select version(); mysqlのバージョン情報
show databases; データベース一覧表示
use データベース名; 使用したいデータベースに移動
show tables; テーブル一覧表示
show fields from テーブル名 テーブルのフィード一覧表示
create database データベース名 新規データベース作成
drop database データベース名 データベース削除
exit; mysqlコマンド終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|