※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データ型

mysqlのデータ型とは、データを格納する際にどのような形式で保存するかを決めるものです。

代表的なデータ型

種類 データ型 値の範囲
符号付整数 bit 1〜64
  tinyint -127〜127
  smallint -32768〜32767
  mediumint -8388608〜8388607
  int -2147483648〜2147483647
  bigint -9223372036854775808〜9223372036854775807
符号なし整数 tinyint unsigned 0〜255
  smallint unsigned 0〜65535
  mediumint unsigned 0〜16777215
  int unsigned 0〜4294967295
  bigint unsigned 0〜18446744073709551615
実数 float -3.402823466E+38〜-1.175494351E-38,
1.175494351E-38〜1.7976931348623157E+38
  double -1.7976931348623157E+308〜
     -2.2250738585072014E-308,
2.2250738585072014-308〜
     1.7976931348623157E+308
日付 date 日付(年月日)のみ
  datetime 日時(年月日と時分秒)
  timestamp 自動的に更新される日時
  time 時刻(時分秒)のみ
文字列 char(M) 固定長文字列 1〜255文字
  varchar(M) 可変長文字列 1〜255文字
  tinytext 可変長文字列 1〜255文字
  text 可変長文字列 1〜65535文字
  mediumtext 可変長文字列 1〜16777215文字
  longtext 可変長文字列 1〜4294967295文字

 

  • 固定長文字列とは、入力されたデータに関わらず、指定した長さを常に保持
  • 可変長文字列とは、入力されたデータの長さで保持
  • (M)がついてるデータは、最大文字数を入力します。半角・全角問わず、1文字の長さが1カウント

 

primary key

  主キーと呼ばれるもので、複数のレコードから1つのレコードを特定するために用いる。

auto_increment

 自動インクリメントと呼ばれ、自動的にNOを付加するもので、主キーと平行して用いられる事が多い。

not null

 データ自体、空の状態を許可しないように設定する場合に用いる。

 

サンプル 

 

 

 

 

 



 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|