※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

700年前の


とある星。


恐竜たちの楽園。


恐竜たちは平和に暮らしていました。



ある日、隕石が恐竜の星に落ちました。



恐竜達は全滅しました。



突如、白く眩い光を放つ鳥のような生き物は



死に絶えてる恐竜たちに、白い光を浴びせました。



光が灯火のように消え行くと同時に、彼らもその場から消えてしまいました。





とある町、



貴族を中心とした戦争が頻繁におこっている星。




そこに突如として、空から無数の隕石が降ってきました。




皆、手にした武器を落とし流星群のように降ってくる隕石に目を奪われました。




凄まじい光景でした。




この日が、新たなモンスターの誕生の日でした。



落ちてきた物体が隕石だと思い、人々はその場に群がってきました。



しかし、ソレは隕石ではなくモンスターでした。



人々は驚き、武器を手に戦おうしました。



ですが、モンスターは強すぎました。



数多くの犠牲をはらいながらも、なんとか一匹を捕獲するのに
成功しました。



それからのもの、人々はモンスターを連れて帰り、モンスターについて
研究し、モンスターの生態が徐々に明らかになっていきました。



軍人たちの日課はモンスターを捕獲し、そのモンスターを
城に送り込むことでした。



城内ではモンスターの研究が絶えず続いていき、人間はやがてモンスターたちの弱点をも見抜くようにもなりました。



強く手に負えないと判断したモンスターは実験台を残し、全てを絶滅させ、



容易く扱える弱いモンスターは、サーカスなどの見世物として
扱かわれました。



そして、かつてはモンスターに対しての色々な革命がおきたものの、
700年後の現在では、人のペットとして落ち着いた状態になっています。