第九十一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

306 : ◆100mD2jqic :2008/08/23(土) 06:10:36 ID:0E6uFjYC0
『赤いワンピース』 1/2

もう10年以上前、バイトの同僚(当時30代)から聞いた話です。

彼女はその日友人と2人で、札幌近郊のとある山へ行っていたそうです。
山といっても小さな、一般人が気軽に山菜など採りに入れるような山ですが
短い夏を一斉に謳歌する北海道の植物達、その生命力をなめてはいけません。
ワッサワッサと生い茂る草を、木の枝葉を、避けながら引っ掛かりながら
山道をひぃこら進んでいた時のこと。

「?」
何か音が聞こえた気がした。
人の声のようにも思えたが、もしもヒグマの唸り声だったら…!
少々焦りながらそちらの方角を見遣ると、チラッと一瞬赤いものが見えた。
髪の長い女性のようだった気がする。赤いワンピースか何かを着た。
それにしてもすごい声だったな。あんな格好だし足もハイヒールみたいな、
山歩きには適さない靴だったのかもしれない。それでコケたのかも。
「ねぇねぇ、今の聞こえた?」友人に尋ねてみる。
「あーなんか聞こえたねー」
「見た?赤い服着た女の人っぽくなかった?」
「えー、何も見てないよー。女の人だったの?」
残念。あの派手な格好を話題にしようと思ったのに。


308 : ◆100mD2jqic :2008/08/23(土) 06:11:25 ID:0E6uFjYC0
『赤いワンピース』 2/2

その後、他の人間の声を聞くことも、姿を見ることもなく、もちろん
ヒグマに出遭うこともなく、2人は無事何事もなく山を下りたそうです。

翌日。
朝のニュースを見ていた彼女は驚きました。
昨日行ったあの山で女性の焼死体が見付かった、と報じられているのです。

そういえばあの声は、最初ヒグマかと思ったほどすごい声だった。
ワンピースか何かだと思ったあの「赤い服」は本当に服だったか?
実はあの方角は崖などになっていて、だから声も姿も一瞬だったのでは?
いや、もしかしたらあの時あの女性は既に死んでいたのかもしれない。
だから友人には見えなかった-霊だったのではないだろうか。

「真相はわからないけどねー。今思い出してもゾワッとするよあの声」
そう語ってくれた彼女。

ですが私は、ちょっと怖い点に気付きました。
ニュース報道はあくまで『焼死体が発見された』と報じられていただけで
『焼身自殺の可能性』には触れていなかったのです。

もし、彼女の見た女性が、今まさに死んでいこうとしている瞬間だったなら。
その女性に火を放った人間が、同じ時間、同じ山の中…いや、それどころか
彼女達2人のすぐ近くにいた可能性が…。

【完】