第九十四話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

313 :テンプレ0/0 ◆tbxFW3dsZU :2008/08/23(土) 06:16:25 ID:GW0lqxDt0
【聲(こえ)】

 私が高校生の頃の話。

 部室で、私の友人、後輩、いつも集まるメンバーで語り合っていました。

 私が帰り支度を始めた頃。後輩の一人が、携帯に留守番電話が入っている事に気付きました。
 何だろうと思いながら留守電を聞く後輩。すると突然
 「うおぉ怖えぇぇ!」
 そう言いながら、あわてて携帯を耳から話しました。

 「おい、どうした(笑)」
 私が聞くと、「先輩、怖いですよ(笑)!」そう言いながら、私に携帯を差し出してきました。

 私もその留守電を聞きました。留守電には…


 数秒の無音の後、子供の、小さな声で、
 「……おかぁさぁん……」

 ゾッとしました。

 悪戯か間違い電話だと、そう信じています…。

「完」