第九十八話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

324 : ◆Nz6ToYHZIo :2008/08/23(土) 06:33:55 ID:DCy9E+TA0
第九十八話「鳩の話」1/4

友人が近所で聞いた話。

近所の公園の近くにある夫婦が住んでいた。

旦那は動物が好きだった。
公園にいる鳩に餌をあげることを日々、日課としていた。
妻は動物が嫌いだった。
旦那が公園にいる鳩に餌をあげることをあまりよく思ってなかった。

ある時、旦那が出張で一週間ほど家を空ける事になった。
仕方なく旦那は妻に公園の鳩に代わりに餌をやってくれるよう頼んだ。

妻は心の中では嫌だったが、旦那の頼みなので仕方なく引き受けた。




325 : ◆Nz6ToYHZIo :2008/08/23(土) 06:34:41 ID:DCy9E+TA0
2/4

旦那が出張に行った初日、妻は群がる鳩に怖がりながらもきちんと餌をやった。
「ぽっぽー」と鳩は喜んだ。

次の日、動物嫌いと面倒臭さも手伝って妻は鳩に餌をやらなかった。
「ぽっぽー」と公園から聞こえたがあまり気にしなかった。

また次の日、餌をやっている人は他にもいるだろうと思い、妻は餌をやらなかった。
「ぽっぽー」と公園から聞こえ、悪いなとも思ったがすぐ忘れた。

また次の日、餌をやらなかった。
泣き声は聞こえなかった。その事も手伝って妻はすっかり気にも止めなかった。




326 : ◆Nz6ToYHZIo :2008/08/23(土) 06:35:29 ID:DCy9E+TA0
3/4

また次の日、餌をやらなかった。
夜寝ている時に窓の外から「ぽっぽー」と聞こえた。
妻は寝ぼけながらも、まあいいやと思った。

旦那が戻る前の日、やはり餌をやらなかった。
妻が夜寝ている時にどこからか「ぽっぽー」と聞こえた。
妻はまた、まあいいやと思ったが、もう一度「ぽっぽー」と聞こえた。
自分の寝ている部屋の中からだった。足元のほう。

また「ぽっぽー」と聞こえた。妻の足に何か乗った。

また「ぽっぽー」と聞こえた。妻のふとももを何かが上ってきた。
自分が餌をやらなかったから鳩が仕返しにきたと思った。

また「ぽっぽー」と聞こえた。妻の下腹部に何かが上ってきた。
自分が餌をやらなかったから死んだ鳩が仕返しにきたと考え始めた。段々怖くなってきた。




327 : ◆Nz6ToYHZIo :2008/08/23(土) 06:36:54 ID:DCy9E+TA0
4/4

また「ぽっぽー」と聞こえた。妻の腹部になにかが更に上ってきた。もう怖くて目をきつく閉じ開けられなかった。

また「ぽっぽー」と聞こえた。妻の胸に重みがかかった。やはり目を開けられなかった。

何かは更に上ってこようとしたので、妻は意を決して目をあけてみる事にした。
もう一度「ぽっぽー」と聞こえた瞬間勇気を振り絞って目を開けてみた。


すると、
そこには知らない男の頭部だけが自分をまじまじと見つめていた。

[完]