第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

23 名前: 影虎 ◆OTL/VNUGLY [sage] 投稿日: 2008/08/22(金) 21:15:56 ID:xWLnFyo+0
「またか」 1/2

私はトイレが怖い。
恐らくトラウマなんだと思う。
前回の百物語でも書いたが、「トイレの花子さん」らしき人(でいいのか?)と友達になってしまっているから。

でも、いい大人なのでまさか連れションなんか出来る筈も無く、大体は頭の中で下らない事を考える様にしてやり過ごす。
そして「長居したくないトイレ」は雰囲気で分かる。
そこがいくら綺麗だろうと、出来立てピカピカだろうと、慌しく用を足し、ベルトも半分締めた様な状態でトイレを飛び出す事になる。
「長居出来るトイレ」ならそれこそ本とか持ち込んじゃってかなりゆっくりする。
しかし稀に「長居出来るトイレ」だったはずの場所が「長居したくない(というか出来ない)トイレ」に変わる事がある。
一瞬で肌にぞわぞわ感が走り、私はトイレから飛び出す事になる。
前置きが長くなった。オチを言おう。

「トイレの花子さん」遭遇二回目。
しかも会社のトイレ。

会社の女子トイレなんか、ストレスを抱えた若い女性しか入らないから元々「長居したくないトイレ」だった。
でも先日、残業中にトイレに入ったら突然話しかけられた。

ド ● ● ● ¦○¦○¦


●=洗面台 ○=個室

私は右端の個室にいた。
で、突然「お疲れ様です」と言われた。
24 名前: 影虎 ◆OTL/VNUGLY [sage] 投稿日: 2008/08/22(金) 21:17:24 ID:xWLnFyo+0
「またか」2/2

最初、アメリカンジョークの
個室A「やぁ」
個室B「…?やぁ」
個室A「元気だったかい?」
個室B「えぇ、まぁ…」
個室A「…後でかけ直すよ、隣の個室にいちいち返事する馬鹿がいるんだ!」 な話かと思い、返事をしなかった。

そしたらご丁寧に私と彼女(でいいのか…?)の間の壁を「コンコン」とノックして
「こんなに遅くまで大変ね」と仰られる。
仕方ないので「まぁ仕方ないですよ。仕事ですからね」と答えて、トイレのドアを開けた。
こんなに親しげに話してくるのだから、きっと普段から割りと親しくしている人だと思っていた。
私がトイレのドアを開けた瞬間、彼女は「そうですね」と言った。
しかし左側の個室には誰もいない。
誰かがドアから出ていったという事も無い。
そしてぶわぁ、と体中に広がる鳥肌。

あぁ、またですか。またなんですね。このビル新築したばかりなのに、やっぱり何かいるんですね。
そして私はまだトイレの花子さんのお友達なのか…?


【完】