第五話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

34 名前: 代理投稿 ◆OTL/VNUGLY [sage] 投稿日: 2008/08/22(金) 21:42:10 ID:xWLnFyo+0
4コ卵◆hcYOhjUtjg様代理投稿 【千コ卵】

父の勤務先に現場の若い人用の寮があったそうなのですが、ある時期、幽霊騒ぎがあったそうです。
夜になると、寮の外で人が歩くような音がするのに、誰か来たのかと思って出て見ても誰もいない、ということでした。
その話を聞いた怖いもの知らずの現場監督が、幽霊なんかいるかい!そんなら俺が確かめてやる、と言って
ある晩一人でその寮に泊まり込んだそうなのです。

夜になって雨が降り始め、何も出ないのでウトウトしだしたところ、突然外でじゃりっ、じゃりっと
土を踏む音が聞こえ始めました。
はっとして起き上がろうとしたところ、お約束のように金縛りに。
やがて音はどんどん近づいてきて、とうとう現場監督が寝ているそばの窓に女性の影が映って…
というところで、監督は気を失ってしまいました。

あの豪放磊落な監督が失神するなんて…ということで、会社としてもお祓いの一つでもするべきでは?という話になり、
社長がどこかから『拝み屋さん』を連れて来ました。
そのお祓いの方法は『千コ卵』と言って、卵千コを祭壇に積み上げて祈る、という何とも奇妙な方法だったそうです。
蛇の祟りか何かだったのでしょうか?

後になってその話を母から聞き、
『卵はその後どうしたの?捨てたの?そんな卵、呪いがかかってそうでいくら何でも食べられないよねー(笑)』
と訊ねたところ、
『もう何度も弁当に入れてるわよ。』
と言われてしまいました。

それから暫くの間、夜中に外の物音が気になって眠れなかった
のは言うまでもありません。

-終わり-