第十七話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

67 名前: 徳島ヴォルティス@@サポ ◆K6QUBu7wQQ [sage] 投稿日: 2008/08/22(金) 22:22:52 ID:Vdl6qBan0
『夜釣り』

この春の送別会の時、お世話になった係長さんから聞いた話。
その人は釣りが趣味で、特に夜釣りにハマっているそうで。
こんな話をしてくれました。

その日も、四国の某所の岩場にて釣り糸を垂らしていたそうです。

天気は快晴、時刻は深夜。空には月が見え、風も無く、波は穏やか。
良い気分で釣り糸を垂らしていると、漁船が一隻、すーっと近付いてきました。


……おかしい。エンジンの音がしない。それに、電灯の類も点いてない。


前述しましたが、波が穏やかな日のこと。
そして場所的に、船が流されてくるとは考えにくい。


月明かりを頼りに、よく目を凝らして船室の中を見ようとしてみますが、どうしても、
中に乗っている人は見えなかったそうです。


その人は、そそくさと荷物を纏めると、相変わらずゆっくりとした速度で海の上を進んでくる
漁船を尻目に、その場から立ち去りました。


それ以外に色々気味の悪い所にも行ったけれど、やはり釣りはやめられない、とのこと。
趣味人は強し、といったところでしょうか。


(完)