第十八話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

69 名前: 影虎 ◆OTL/VNUGLY [sage] 投稿日: 2008/08/22(金) 22:24:05 ID:xWLnFyo+0
「追いかけっこ」

仕事帰りにふらりとドライブに出掛けた。
4月の事。ふと満開の桜を見たくなり、隣の市のS神社(桜の名所)まで向かった。
時刻は21:00をとうに過ぎ、誰もいない。道路沿いの街頭がぽつん、ぽつんとあるのみ。
最近買い換えた携帯電話で桜の写真を撮ろうと試みる。
辺りが暗いせいか、今時オートフォーカスがついていないせいか上手く撮影出来ない。
黒すぎる黒に、ほんの一つ二つ薄桃色の丸が写っただけだった。

その帰りに、墓地の前を通った。
小さい頃母から良く聞かされた、人魂が出る墓地の前。
仮に人魂が出たってこちらは車。アクセル前回で逃げ切ればいいと恐怖心を押さえ込み車を飛ばす。
墓地の前を抜けて、一安心して何気なくバックミラーを見た。

いる。
薄桃色の球体がついて来ている。
私はパニックになり、そこから自宅まで一度もバックミラーを見ずに逃げた。

それ以来。
夕方、または夜暗くなってから車に乗る時、私は音楽を大音量でかけている。
それに合わせて結構な大声で歌う。明らかに変な人だが、怖いよりマシだと思っている。
だって、あの日に見た薄桃色の球体がついて来ている。車に乗る度ついて来ている。
最近では自宅近辺に近付けば近付く程恐ろしさが募る。
エンジンを切ってから荷物を抱え、キーを取り、ドアを開け玄関まで猛ダッシュだ。
多分、もう少しで追いつかれると思う。
だってあの時撮った写真の丸が増えている

【完】