第四十五話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

161 名前: しましまのごろごろ ◆lhM8WiMBbk [sage] 投稿日: 2008/08/23(土) 01:01:02 ID:GdDf91KL0
【 成仏 】 1/1

じいちゃんの昔話。

出張先で人の気配を感じて、夜に目が覚めた。ふと目を動かすと、枕元に人がいた。
いわゆる、兵士のような格好をしている。
「誰だ?」と尋ねると、何かボソボソと話しているような音が聞こえる。
「聞こえん。」「…私は…行かなければなりません…○○に…」
しばらく聞いていて、どうも先(さき)の戦(いくさ)の若い兵士のようだ、と感じた。
狭いシングルルームのベッド、男に見下ろされているのはあんまり気分の良いものではなかった。
しかたなく起き上がる。卓上には晩酌にしていた純米吟醸酒、塩、手付かずのおにぎりがあった。

そいつの前に酒、塩、にぎりの米部分をちぎり、
「お前の気持ちはよく判った。だが、太平洋戦争は終わったんだ。もう家族の下へ
 帰っていい。どうせ俺たちも、戦が始まったら靖国神社に行くことになるさ。
 だから、それまで 家族の下(もと)へ戻っていて大丈夫だ。次の戦が始まるまでゆっくりして来い。
 俺らがそっちに逝ったら、その時はよろしく頼む。今度の休みにでも、靖国で会おう。」
と語りかけ、手を合わせた。

しばらくして、空がぼんやり明るみかけた頃、その兵士の幽霊は「ありがとう…」と
言いながらうっすら消えて無くなっていった。
その後、ひいじいちゃんの実家に行ったときにアルバムを見ていたら、その幽霊に
雰囲気の似た、笑顔の少年がひいじいちゃんと共に写っていたそうだ。

「今の日本は武力抗争はしてなくても、じわじわ侵略されている真っ最中だから、
 戦争中っちゃ戦争中なんだけどな。変態新聞社騒ぎとかが起きてるのもその一環さね。
 お前ら若いもんがもっと確(しっか)りせにゃいかんぞ。」

じいちゃんは未だに矍鑠(かくしゃく)としていて、8月と12月には靖国神社へお参りを欠かさない。