第四十八話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

170 名前: けい ◆6FDNQyHaxM [sage] 投稿日: 2008/08/23(土) 01:15:02 ID:8Xvn3BYq0
「初めての金縛り」 1/2


3年前の9月の話です。
その日は部活の大会前日で、友人(A)がうちに泊まりに来ていました。
県外への遠征で朝5時出発だったのですが、2人なら寝坊することもないだろう、と思ったのです。
自分は普段どおりベットで、Aは座椅子でタオルケットをかけて寝ていました。

夜中(何時ぐらいか分かりませんが)、人が歩く気配がして目を覚ましました。
しばらくするとトイレの水を流すような音がしたので、
「ああ、Aがトイレ行ったのか」
と、その時は納得しました。

そしてAが部屋に戻ってきた瞬間、突然金縛りが起きました。
それまで金縛りというものを経験したことのなかった自分は、一気に眠気が覚めてパニックになりました。

身体は全身が攣ったかのように動かない。動かそうとしても押し付けられる感じがする。
目を瞑ろうとするけど、今閉じたらやばい気がする(一種の強迫観念のようなものだったと思います)。
遠くで地鳴りがすると思ったら、いきなりベットが揺れ始める。まるで地震のように。


171 名前: けい ◆6FDNQyHaxM [sage] 投稿日: 2008/08/23(土) 01:16:36 ID:8Xvn3BYq0
2/2

何がなんだか分からずに必死にもがいていたのですが、ふとさっきの人の気配がしました。
Aかな?と思ってなんとか気配の方を見ると、ベットの傍に黒くてぼやけた影が立っていました。
さすがにこれはAじゃない、何かやばい、と感じて目を閉じようとしますがやはり閉じることができません。
2~3分ほどそのまま見つめていたと思います。
急にその影がはっきりし始めて、気付くと見知らぬ女性が自分を見下ろしていて・・・
その後は覚えていません。

朝4時ごろ、今度こそ本当にAがトイレに行って、自分も起きました。
Aに、「お前夜中トイレに行った?」と聞いたけどAは行かなかったそうです。
「なんかうなされてたみたいだけど大丈夫?」と言われたので金縛りのことを話すと、
「ふーん。そういえばうちではしょっちゅう黒い影とか見るな。1人ここに持ってきてしまったのかもなw
まあ、寝ぼけてたんじゃね?w」と言われました。

それ以来、3ヶ月に一回くらいのペースで金縛りにあいます。
その時は必ず、地震が来たわけでもないのに部屋が揺れて、
そしてベットの傍には黒い影が立っています。

【完】