第六十三話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

212 名前: しましまのごろごろ ◆lhM8WiMBbk [sage] 投稿日: 2008/08/23(土) 02:34:18 ID:GdDf91KL0
第63話  ]]]]]]]]] 壁 [[[[[[[[[  1/2

ある倉庫に、妙に分厚い壁がある。
物理的に巨大なモノに圧迫感はつきものだが、それだけではなくザワつく感じがあった。
「ここ、人柱でも埋めたの?」と冗談めかして聞いた。
「人柱じゃないけどね。昔使ってた壁の上から壁作ったから。…話、聞きたい?」


ここの倉庫、拡張したの知ってるよな?
うん、昔から使っていたけど手狭になったから拡張工事、したんだよ。
で、そこの壁壊そうとしたら…壊れない。物理的に壊したら壊れるはず、なんだけど。
 羽田空港の大鳥居、将門の首塚。そう、あれと同じような現象が起きたんだってさ。
壊そうとすると、工事関係者が怪我したり亡くなったり。機材が横転して亡くなったり、
後日機械に巻き込まれて頭がミンチ状態になったり。
ああ、現場が弛(たる)んでいるのか、あるいは環境によるものって可能性は勿論、
捨て切れなかったけどね。
ま、その気になったら資料室の資料調べてくれればいいんだけどさ。
その資料自体、扱う担当者に怪異がおきまくった曰(いわ)くつきw


213 名前: しましまのごろごろ ◆lhM8WiMBbk [sage] 投稿日: 2008/08/23(土) 02:35:05 ID:GdDf91KL0
2/2

で、困ったうちの社長が、かんしゃく起こして
「よっしゃ、お前の気合はよく判った!壊さないでやるが、うちも社員とその家族の生活と命預かってる!
 そのためにもこの倉庫の拡張は必要不可欠!よって、お前を礎(いしずえ)にして壁on壁を作る!」

ってタンカ切って、ついでに神主の首に縄つけてひきずってきてお祓いさせて、
それからはとりあえず工事は順調になった。
壊そうとしなければ、大丈夫だよ。壊そうとしなければね。
ただちょっと、なんとなくシットリヒンヤリして、モワモワした感じがするだけだし。
呼ばれなければ大丈夫さね。
ん?そこを居心地良く感じると、持っていかれるそうだよ。何をかは知らん。
何なら試してみるかい?

ああ、先日泥棒が忍び込んで悪さ仕掛けたらしいんだけど、朝、早出の人間が見つけたときには
骨、折れて暴れていたなあ。
何か言葉にならないような言葉でワメいてたけど、どうも壁壊そうとしたみたいだな。
ツルハシじゃ無理だよ。
壁はせいぜい欠けた位だったけど、色々ぶちまけてくれたおかげで後の片付け、
変なニオイがついて大変だったけどな。


ああ、そいつ?たぶんもう来れないんじゃないかな。
ウツボ船(ぶね)で海でも渡ってこない限りねw


[了]