※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HPの世界では、よく「一覧表」形式になっているデータを見掛けます。また、「箇条書き」のようにデータを列挙する形式のデータも多用されます。

Wikiでもこれらを表現できる書式が用意されています。それぞれ御紹介しましょう。

一覧表(テーブル)


HTMLを習得した人でも、HTMLでテーブルを組むのは、なかなか手間がかかるものですが、Wikiでは、とても簡単に記述することが出来ます。

書式は非常に単純かつ視認性の高いもので、以下のようになります。

|項目1|項目1のデータ|
|項目2|項目2のデータ|

と記述するだけで、以下のような一覧表が表示されます。

項目1 項目1のデータ
項目2 項目2のデータ

また、各セルのスタイルを設定するオプション指定も出来ます。詳しくは テキスト整形のルール に解説されていますが、ここでは文字色と背景色を変更してみます。

項目1 項目1のデータ
項目2 項目2のデータ


コツとしては、セルの区切りを表す「 | (セパレータ)」のすぐ後に、オプションの「COLOR(blue):」などをくっつけて記述することでしょうか。スペースなどが入ってしまうと、不具合がでるようです。


リスト


HTMLでは3種類のリストが用意されています。Wikiでもこれら全てを表現できるのですが、ここではよく用いられる「 箇条書きリスト 」と「 連番つきリスト 」の2種類を表現してみましょう。

新規ページをメニューに追加でも少々触れていますが、箇条書きリストの書式は以下の通りです。

-リスト項目1
-リスト項目2
-リスト項目3

と記述すると、以下のような表示になります。

  • リスト項目1
  • リスト項目2
  • リスト項目3

連番型リストは、上記の「−(マイナス)」を「+(プラス)」にするだけで、

+リスト項目1
+リスト項目2
+リスト項目3

と記述すれば、

  1. リスト項目1
  2. リスト項目2
  3. リスト項目3

のように,リスト項目に連番を振ったリストが構成されます。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|