※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

隠居管理人の独り言(という名の管理人の砂遊び場 駄文につき注意)

  • いささか関係の無い事をTOPに書き過ぎていたので、こちらへ移動しました。殆ど隔離に近いこの場所で今後は今まで以上に関係ない事をだらだらと書いていこうかと思います。

新作について

いよいよ今週に新作「アクシズの脅威V」が発売になりますね。変更点が今作と余り変わりがないので新作用のウィキもどういじっていいか分からず、まさに発売日待ちの状態です。元々は攻略指令書に位置する作品でしょうから、むしろ追加リニューアルと言う点では喜ぶべき所なのでしょうけどね。
一応作成しておいてありますので、新作発売後はこちらをご覧になり協力をお願いします。
http://www14.atwiki.jp/imperatorgirenv/pages/15.html

ニコニコ動画について(その3)

XBOX360版のシヴィライゼーションレボリューションを遊んでいますが、大変面白いです。
国を興し、守り、領土を拡大するにはどうすればいいか・・・明瞭な答えがこのゲームにはありますね。PC版には既に4までシリーズ化し、こちらはそれを上回る面白さとか。私のPCの性能はかなり低いので駄目なのですが、PS3,XBOX360、任天堂DSをお持ちの方は遊ばれてはいかがでしょうか。一プレイ2時間と、サクッとプレイ出来るのもいいですね。
ネット対戦も可能(というよりこれがメインのようです)らしいですが、私ではあっと言う間に滅亡するでしょうから、対戦は避けています。勿論ソロでも面白いですよ。日本万歳。
話はころっと変わりますが、ここ最近はチャンネル桜ばかり見ていたりします。あの放送局というか、番組内容は素晴らしいです。時々戸塚ヨットスクールの校長を絶賛するなどオオポカな事を言ったりしますが、それを差し引いても政治問題や外交問題に関する議論は既存メディアの範疇を凌駕しうるものです。生活に密着した話題は在京六社を中心とする報道番組の方が上かな、とは思いますが。ニコニコ動画にも挙げられていますので、是非参考にしてみてください。それと、荒らすのは止めて下さいね。

最近遊んでいるゲームについて

流石にクリスマス商戦という事で、様々な新作ゲームが市場に溢れていますね。ガンダム無双2やディシディアファイナルファンタジー、XBOX360ではフェイブル2というRPGが先週発売されました。私自身は今週25日発売の箱360のソフトシヴィライゼーションレボリューションが気になっています。
ただ、ゲームは遊ぶ人間がいれば済む話で、強制などは当然ありませんので、いつどんな種類のゲームを遊ぶかは自分で選択できます。中古もありますし一年後にベスト版が出たりしますし、安くなってから購入するのも手段の一つでしょう。
私は360のロストオデッセイをプレイ中です。発売して間もない頃は完全なムービーゲームという事でオブリビオンを遊んだ身としては物足り無さを感じてしまい避けていましたが、いざ遊んでみるとかなり面白いです。私は恐らくFF13よりFFらしいゲームだと思います。360は他にもインフィニットアンディスカバリーやラストレムナントという日本発のRPGがありますが、評判から察するにロストオデッセイが一番優れているようです。流石に坂口さんといった所でしょうか。
フォールアウト3というゲームも購入しまして、オブリビオンのスタッフが製作した事もあり大変自由度が高いRPGなのですが、巨大なゴキブリが大量に出てくると友人から聞かされ遊ぶ気が起きてなかったりしてます。ああいったゲームはグロテスクな表現が多く、正直苦手なのですが、なんでも自分で核ミサイルのボタンを押して街一つを吹っ飛ばすイベントもあったとか。日本では核兵器はタブーに近いので、イベント自体が削除されたようですが、近年の北朝鮮に対する防衛策として核武装論が大いに議論されていますので、これは残してもよかったと思いますね。核兵器を持たない国は核兵器を持っている国に従属せざるを得ないと、田母神閣下も論文で仰っていましたが、その通りだと思います。
そういえば、アーケードで2プレイ500円という非常に高い値段を付けているガンダムのゲーム、「戦場の絆」ですが、何でも来年の3月にPSPで登場するとか。グラフィック自体はPS2並でしたから移植は可能でしょうが、あのゲームはコクピット自体に魅力を感じるゲームですので、さてどうなるか、という所でしょうか。

ニコニコ動画について(その2)

  • 海外では既にユーチューブと呼ばれる投稿動画サイトがありますが、昨年二千七年から日本にも投稿動画サイトが設立されましたね。「ニコニコ動画」、この攻略ウィキにもよくリンクを張らせて頂いているサイトです。
主にアニメやゲームなどの映像や音楽、またゲームを自分で実況しながらプレイする動画が多く、P2Pソフト「winny」の開発者を(任天堂と関わりが深い)京都府警が逮捕するなどの一時期のP2P規制は一体どこにいったのかという状況になっていますね。
実はこのニコニコ動画、政治家も注目している事にご存知でしょうか。
九月に総理になられた麻生太郎氏や、民主党代表の小沢一郎氏など、日本の国家の中枢を担うそうそうたる方々が自分の政治的意見を喋っています。それはそうでしょうね、TVやラジオでは規制がものすごく、発言の一挙手一投足に揚げ足を捕られ、しかも事実とは異なる内容を公に晒されている以上、自由に自分の意見や政治を語れる場所に興味を示すのは必然的な事だったでしょう。また、国民の距離感が近いのも魅力のようで、ダイレクトに反応が返ってくる点も見逃せないのでしょう。
森喜朗という方がいます。
自民党の重鎮で二千年には総理大臣にもなられた経歴の方ですが、「神の国発言」「IT革命」を「イット革命」と読むなど中々国民の支持率が得られなかった方ですが、今振り返りますと確かに海外から、又は国内でも冷静に見れば「日本は天皇を中心とした神の国」と見られていますし(海外では天皇陛下はラストエンペラー、皇帝と思われています。あのバチカンのローマ法王より形式的には格が上なんですよ)、今我々が繋いでいるインターネットの法的整備を大々的に示したのは何を隠そうこの森のおとっちゃんであります。
そんな色々面白発言が多い森のくまさんが、ニコニコ動画で自分のチャンネルを開設してしまいました。日本はこんなんで良いのでしょうか。思いの他フレンドリーで真面目、尚且つ保守的なおっさんです。「柔道、剣道はもっとTVでおおやけに放送すべきだ」等、とてもまともな事を言っておられます。あと、相変わらずゲーム脳ならぬラグビー脳だったのはうれしいですね。「じゅうけんどう」と発言されていましたが、「柔剣道」の事なのか、それとも大日本帝国陸軍で採用されていた「銃剣道」の事なのでしょうか(実際にあります。詳しくは検索してみてください)。私は後者のように思いました。この所支持率が低迷している麻生総理を是非サポートして上げて下さるよう願います。でもあの不備だらけの国籍法改正案は無いと思います。きちんと国家に敬意と忠誠は最低限誓わせておいて下さい。それが駄目なら天皇陛下でも良いです。「日本は天皇を中心とした神の国」なのですから。


最近読んでいる本について

  • ガンダムで軍事を知ったという方はかなり多いのではないでしょうか。
ここ最近本を沢山読むようになりました。インターネットが浸透しウィキペディアが流行っているとはいえ、まだまだ紙媒体の手軽さと情報量の豊富さは他の追随を許しません。どんなに世の中が進歩しても、紙媒体は無くならないと思っています。
「戦術と指揮」と「地政学入門」いう本を読んでいますが、かなり良いですね。日本では第二次大戦の敗北からおおよそ軍事戦略というものを学ぶのはタブーに近く、地政学やインテリジェンス(頭脳的な働きという意味が一般的ですが、受け取った情報から現状を推移しその分析が合致する事をインテリジェンスとも言います)も他の列強に比べ圧倒的に劣っています。それはひとえにマスメディアの虚言と宣伝工作がTVや新聞によって伝わりすぎているせいでしょう。戦争は何も兵士同士のぶつかりあいだけではありません。今私が息を吸っているこの時にも情報戦は行われているのです。
ギレンの野望では、この戦術について多くの事が自然と学べるのではないでしょうか。かの中華人民共和国を建国した毛沢東は、文化大革命でおよそ6000万人という自国内の国民を殺しましたが(内戦や苛烈的な共産主義の強制により大勢の人々が戦死、又は餓死したと聞いています)、韓国側についたアメリカ軍と北朝鮮側についた中国によって行われた朝鮮戦争において、彼はクラウゼビッツの戦争論を引用して戦争に勝利する鉄則を述べたと聞いています。
「己を保存し、相手を消滅させる」
当たり前のようですが、これが中々難しいです。
孫子の兵法書もそうですが、勝負事については実際にゲームをプレイされた方ならすぐ分かるように、いかにして相手を倒し、己を生かすかが鍵になるのです。これはゲームだけではありません、現実で行われている国家間の戦略もそうなのです。
実質、外交発言権は軍事力の有る無しで決まります。皆さんも学校のクラスに喧嘩が強い不良がいたり、頭が良く優れた成績を修める生徒がいるでしょう。あれと同じ論理なのです。
これは私が個人的に思っている事ですが、
 武力は頭脳に強く、情に弱い
 頭脳は情に強く、武力に弱い
 情は武力に強く、頭脳に弱い
と見ています。三つ全て揃っている(他者の力を借りても)人は英傑でしょうね。
しかしどんなに優秀でも、時の運と経済的基盤、傍観者の人々の同意が無ければこの論理は成立しないでしょう。女性の場合武力を容姿に置き換えても良いかも知れません。
いまや兵器や軍を知る者は少なくとも私は「おたく」(これ放送禁止用語だった気もしますが、最近は平気に使われますね)と見られていますが、実際に軍事と政治は切っても切れない関係です。外交に関わるニュースを見聞きした時は、この事を良かったら思い出して下さい。

ギレンの野望 アクシズの脅威Vについて(トップページの複製記事)

とうとうギレンの野望の続編が決定した様ですね。タイトルは「ギレンの野望アクシズの脅威V」。発売予定日は2009年2月12日だそうです。詳しい情報がありましたので紹介します。
次回作はPS2とPSPの二機種で発売
ガンダムUCやセンチネル関連のイベントは「お楽しみに、ただし期待しない方がいい」
PSP版は無印からのシステム・セーブデータ引き継ぎ可能(予定)
新勢力はある、独立戦争記にあったオリジナルモードっぽいものがある
無印におけるバグは修正されている
テム・レイ軍とマフティー(大人ハサウェイ)軍の追加
ユニット・パイロットの追加




ユニット関連ではガンダムヘイズルやガンダムセンチネルに登場したMSが発表されています。パイロットでは主に閃光のハサウェイに登場したキャラクターやみなさんが待ちわびたMSイグルーのカスペン大佐も追加されるとの事です。
また新しい情報が届いていますね。「ジオン独立戦争記」にて存在したオリジナルモードもあるそうです。唯の追加要素だけではないようですね。どうせならロンドベルとか逆襲のシャアのアムロとか、ガンダム4・5号機とか、フェンリル隊とか、ガンダム戦記の隊員達とかをじゃんじゃん追加して、これまでに無く高い完成度の作品を目指して欲しいです。妄想は膨らむ一方ですね。

ガンダムのゲームについて

  • 政治的な話ばかり書いてしまっているので、ここいらでガンダムのゲームについて一つお話を。
今年も沢山ガンダムに関するゲームが発売されていますね。未購入ですが「ガンダムVSガンダム」もPSPにて好評発売中ですし、今月は「ガンダム無双2」も発売されます。前作のガンダム無双はXBOX版を購入しプレイしましたが、思いの他遊ぶと楽しいゲームになっていました。光栄さんが作られているので、バンダイの方が作られているのとは又違った解釈を感じます。例えば、シロッコが三国志の諸葛孔明のような立ち振る舞いだったし、ジュドーはさながら劉備玄徳といった形に見えました。カプコンさんが作られた「連邦VSジオン」を見た時、やはりバンダイさんが作られたのとは違いリアリズムを徹底した動きではなく、あくまで「アニメ」での動きに注目したのは新しかったですね。ただ、旧ザクの鉄山靠はやりすぎだとも思いましたが。色々なハードで色々な開発会社がガンダムを作られているので、そういった製作会社による違いなども楽しみの一つですね。
最後に、ギレンの野望は、ゲームアーツの方々がいなければ成立しない作品だったと捕らえています。「ガングリフォン」、あれは傑作です。

大分独り言を書かずにいましたら、もうかれこれ4ヶ月程経過し今年も終わりになろうかという時期になりました。

いやはや、政治の動向がどんどん凄い事になっていましたね。
北京五輪中にグルジアとロシアがドンパチやるわ、福田総理は突然辞任するわ、アメリカのリーマンブラザーズがお尻に火がついて経営破綻を起こして世界恐慌に突入するわ(ほんと、日本くらいのようですよ、ここまで影響が少ないのは)、あれだけ石油の値段が高騰していたのに値段を吊り上げていたリーマンが破綻した途端に1リッター辺り110円代になるわ(軽油の値段が下がっていない所を見ると、他の石油メジャーがまだ健在みたいですね)・・・まるで怒涛のように世界情勢は変化していますね。
個人的に田母神元航空幕僚長があの程度の作文で(論文とはちょっと違うと思います)更迭されてしまう事件が印象的ですね。国籍法改正問題といい、既存メディアがこれでもかと隠蔽工作に励んでいる所を見ると、世界はガンダムなどという架空のお話よりも余程呆れた利権構造で生きているんだな、と痛感します。ガンダムではティターンズは私兵集団という趣きがありますが、日本の自衛隊こそ政治家の私兵集団なのか、と憤慨を覚えずにはいられませんでしたね。警察も長野県警が北京五輪前に暴れていた中国人ではなく彼らを抑えていた日本人の方々を逮捕するといった姿を見ると、日本の民主主義は(元々かも知れませんが)崩壊しているな、と実感しました。これでは裁判員制度の成功も難しいでしょうね。現在の日本の民主主義は第二次大戦後のアメリカ占領政策によってもたらされた感覚が強く、又、板垣退助や平塚らいちょうのような啓蒙運動も無く進められた政治構造に果たして未来はあるのか疑問ではあります。近年、北朝鮮の核武装により国内にも核兵器を保有しようとする考えが主に若い人たちの間で一般的のようですが、アメリカの北朝鮮へのテロ国家指定解除、また六者会合が事実上の日本封じ込め戦術であった所を見ると厳しいの一言です。しかし、敵性国家である韓国や中国の二次大戦中の南京大虐殺といった不当な情報宣伝に我々も学ぶべき事が多い気がします。彼らが根気よく既存メディアを通じて情報宣伝を続けるならば、我々も対して真実を訴え続けるべきなのでしょう。泥沼になるから避ける、のではなく「泥沼」にすべき問題は大いに議論するべきなんです。

話はころっと変わりますが

  • ギレンの野望の続編、発表されましたね。しかも今度はPS2で発売とか。今回は光栄さんのパワーアップキットに近い姿のようです。色々追加されているそうなので今後このサイトでも随時情報を提供、また攻略をしていけたらと思います。別途サイトを立ち上げて新作専用のサイトを作るかはまだ未定ですが、今後の情報の内容で検討していきたいと考えています。ギレンの野望シリーズは人気作なので、わざわざ立ち上げなくても自然現象的に攻略サイトは出てくるとは思いますが、なるべく新作もカバーしていきたいと思っています。今後ともギレンの野望をよろしくお願いします。



今回はちょこっと真面目で特定の方々には不謹慎な話を書こうと思います。

  • 北京五輪が8月8日に開催されますね。
アジア開発銀行の件やODA,又はチベットや東トルキスタンでの問題と言いとてもではないですが中国と言う国で五輪が開催される事に大きな疑問を持つだけに、一体どんなハプニングやアクシデントがあるか想像出来ません。とにかく悪い話しか聞きませんが、選手達には日本代表として頑張って欲しいですね(ちなみにこの頑張れという言葉も向こうでは禁止)。
竹島の一件もそうなのですが、日本国内でこういった情報を既存のマスメディアが全く報道しない事に怒りを覚えます。まだ馬鹿や反日でべったりの朝日新聞や毎日新聞、日本経済新聞の方が首尾一貫している気がします。ウソを撒き散らすのが報道だとすれば、それに対し我々も
真実の情報を頼りにするしかないようです。まるでガンダムのようですね。ガンダムが世界の欺瞞を表現した作品であるとも言えますが。
私の祖父は戦争で勇敢に戦い、戦死して遺骨で還ってきました。私は元より父ですら顔を写真でしか判りません。戦争はガンダムでも散々良い事ではない、戦いは悲惨だと言う事をよく伝えてくれています。ですが、そうした祖父や祖母達の犠牲の上で今日の日本があるのです。その霊魂を鎮める靖国神社参拝が彼らにとっては気に入らないと言う。全くおかしな話です。
世界には様々な矛盾がありますが、我が国日本の政治が全く奇妙不可思議な状態で戦後から今日まで続けられています。歴史を知れば知るほど嘆息が尽きません。
北朝鮮については言わずもがな。お金だけでなく拉致被害と言う自由と命まで取ろうとする国のどこに、加藤紘一代議士が言われる国交正常化を行う道義性があるのでしょうか(日本赤軍等マルクスレーニン主義に感化された方が70年代の有名大学に数多くいたらしいとここで書いておきます)。
もうすぐ日本の敗戦記念日が近づいてきます。年を取るたびに今の日本の現状を見て戦い散っていった祖父や祖母達にどう顔を会わせていいのやら、と心が痛む次第です。


オペレーショントロイの熱もすっかり冷めてしまい、ガンダムバトルユニバースを現在プレイしています。

  • やはり宇宙世紀は最高ですね。とうとうZZや逆襲のシャアまで話が盛り込まれていますし、ゲストとしてF91なども出てきて大変楽しめる内容です。
話は変わりますが、テレビDEポータブルなるPSPをS端子で繋げられる周辺機器を購入してみました。若干ゲーム画面が小さく見えますが、こんなもんだと思います。パソコンの場合PV4などのキャプチャボードを設置しなくてはいけないので、既に自分のようにS端子までしか付いていないボードしかない人とっては良い機器ではないでしょうか。

これはガンダムバトルユニバース

これはギレンの野望 アクシズの脅威


こんな感じです。周りの黒ぶちを消せば、本サイトにもうまく利用できるかと思います。
どうしてもPV4と比べ画像が汚いかも知れませんが、素人にそこまで求めないで下さいw
試しに消してみました
おまけ 復活のひょうきん族(年がバレる)
たけしさんの代わりにきむらたくやさん
あかしやさんまさんの本来の姿ブラックデビル
だるまおとし
一方その頃たけしさんは


これをやるのが19年前の夢だったみたいです。

ラストでビートさんが乱入

やっぱり最後はこの二人でしたとさ

オペレーショントロイですが

  • もうガンダムをオンラインで見かけました。どうやら秘密の実績のニュータイプという実績を開放しないと出てこないようなのですが、いやはや恐ろしいです。その実績解除方法も連続78回自分が死なずに相手を殺すというリスポンキルが前提の条件とは驚きました。リスポンキルは予想された範囲内での事だったようです。私は連邦とジオンを行ったり来たりしながら楽しんできますが、ボイスチャットのマークが出ていても全然みんな喋らないので結局独り言に終始しています。てっきりごっこ遊びの雰囲気かと思っていたんですが、連続10キルとかそういう実績の確保に熱心な方々の方が多いみたいですね。私はようやくガンキャノンに乗れました。というかこのゲーム、明らかに連邦が有利ですね。ビーム兵器の存在がそうさせているようです。たまたまボイスチャットでフレンドリーな方々とジオン軍でプレイしましたが、陸戦型ガンダム4機とか5機とかが来ると半ばジオン軍は諦めモードですね。正直面白いのは確かですが、本当にこれで満足してしまっていいのか聊か疑問を持つようになりました。

いよいよ発売した「ガンダムオペレーショントロイ」。

  • 購入したので早速プレイしてみました。思いの他出来が良く、十分ガンダムの雰囲気を出しつつゲームとして組み込んでいるのではないでしょうか。ミノフスキー粒子下での戦闘のため、停止していると敵のレーダーに発見されないため、目視での戦闘になりやすいです。連邦は、ビーム兵器を持っているのでジムのスプレーガンでも十分戦えます。また、陸戦型ガンダムは早い段階で登場し、かなり高性能なMSとして君臨しています。ジオン軍は、威力の高いバズーカ砲を持つザクⅡ、性能が底上げされたザクⅡ改、性能は劣るもののザクⅡより機動力のあり、将来的にビーム兵器を持つに至るザクⅠなどが出てきますが、ザクバズーカは威力こそあるのですが中々当てづらく、偏差射撃を行うか至近距離での攻撃を繰り出さないと厳しいようです。
また、欠点としてリスポンキルを行われやすい事が挙げられます。MS搭乗までにタイムラグがあるので、どうしても敵の火線を無防備で浴びてしまうからです。
ただ、かなりガンダム好きにはたまらない出来になっていますので、XBOX360を購入されている方は、体験版も配信していますので一度試してみてはどうでしょうか。ただ、現在ストレスを発散させるために購入者が暴れに暴れていますが・・・。
後気になったのは、オペレーショントロイの攻略ウィキが詳しすぎる事でしょうか。どう考えてもプロが作ったとしか思えないレイアウト、登場MSの説明が発売前からゲーム内に紹介されている文章と全く同じ等々。案外、開発者、又は関係者の方が直々に作られたウィキなのかもしれませんね。

ゲーム画像の取り込みについて

  • PSPはそれこそPV4のようなD端子付きの物でないと映像が表示されないので、ゲーム画像も容易に貼る事もできない現状です。キャプチャボード自体はあるのですが、S端子までしかついていないもので・・・。PSPをS端子でTVにゲーム画面が出力可能なものが今度発売されるようなので、それが発売したら色々いじって見るつもりです。やはり画像がないと寂しいですよね。あと砂遊び場というか、皆さんであれこれやって何かしらの暇つぶしになるようなのも思いついてはいます。例えば原作の解説とか、画像貼り付け場とか、私小説閲覧場所とか・・・だんだん攻略サイトにあるまじき展開になりそうなのですぐ却下されそうです。

改造について

  • ゲームを改造して、シナリオを再現できるらしいですね。セーブデータとして作って下さるサイトもあるようなのですが、現状としては今までのギレンの野望に存在した攻略指令書なる光栄さんが得意なパワーアップキット的な物があり、PS2版ではかなり細かくいじる事ができたので、それらが発売した後にシナリオ集的な遊びを提供してみたいな、とも近頃考えています。いつになるかはわかりませんが、わりとこれまでは早い段階で登場してきたので、今回も期待したいですね。PSPはパソコンに接続できるので、今まで以上にお遊びシナリオが盛り上がるのではないでしょうか。最も系譜までと同様の本当にアチラ側が用意したシナリオのみなら話は別ですが・・・バンダイナムコゲームズさんには頑張ってシナリオを作れるような形にしてもらいたいですね。

XBOX360専用ソフト、「ガンダムオペレーショントロイ」

  • 発売が長々と遅れていたXBOX360用ゲームソフト、「ガンダムオペレーショントロイ」が後僅かで発売になります。開発元があまり評判のよくない所のせいか、良いうわさは聞きませんが個人的にかなり気になっているソフトです。購入予定ですのでちらっと感想などを駄文ながら書いておこうかとは思います。しかしあちらの攻略ウィキはとても凝ってますね、まるでプロのようなレイアウトで驚きました。私もこんなにきれいなウィキができたら・・・とうらやましい限りですね。そろそろこのウィキも小奇麗にしなければ、と思ってしまいました。


ニコニコ動画にて

  • アクシズの脅威とはあまり関係無い事ばかり書いて申し訳ありませんが、ギレンの野望ジオン独立戦争記の良質なBGMを纏めた動画がニコニコ動画に上がっていたので報告を。とても質のいい曲ばかりですが、サントラが無い事やゲーム内容も賛否分かれる作品であるため埋もれておりました。しかし改めて聞くと名曲ばかりです。また、アクシズの脅威本編にも一部が使われていますので、思わずニヤリとするかもしれません。作成された方には感謝の気持ちで一杯です、ありがとうございます。
既に消されてしまったようです。投稿動画サイトはこのような調子で消される事も多く、著作権に触れる部分もあるので仕方がないとはいえ残念ですね。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3585745
  • PS2ゲームめぐりあい宇宙のBGMも上がっていました。ガンダム戦記の曲も収録されてますね。作成者には頭が上がりません。

任天堂DSソフト、「エンブレムオブガンダム」

  • ギレンの野望 アクシズの脅威以外でも気になっているソフト、NDSのゲーム「エンブレムオブガンダム」をプレイしてみました。ゲームとしては中々いい出来で、ギレンの野望よりは遊びやすいと感じます。ただ、芝村氏の主観に満ちた作中内の文章はやや臭いがきつく、賛否が分かれる内容ですね。

バグについて

  • そういえばラコックがジオン公国軍にいないな、と思っていたら、どうやらどなたかがその事についてバンダイナムコゲームスに連絡を取ったみたいです。「ジオン軍でプレイすると、ラコックは連邦軍として登場します」との事。あからさまな言い訳臭い返答に驚きました。エゥーゴならともかく、連邦ではちとありえないキャラなので・・・。よくある質問バグ・裏技にも追記させて戴きました。連絡をして頂いた方、ありがとうございます。

他の攻略サイトについて

  • 気ままにギレンさんは19ターンで連邦第一部をハードでクリアされてますね。すごいですね、流石としか言いようがありません。私は毎回100ターン全力で全て使い切ってクリアしているので、同じことは絶対できません。ブログで書かれているので、皆さんも覗いて見てください。
気ままにギレンのブログ→http://ameblo.jp/giren-greed/

売り上げについて

  • 10万本を越えるヒットを記録したようです。本体と一緒に買われる方も多かったのか、PSP本体もDS本体の販売本数を越える売り上げも記録したようです。流石にDSは需要が行き渡ったからでしょうが、ギレン効果でPSPが盛り上がったのはうれしいですね。今後ともいいゲームが出てくれるともっとうれしいです。

フリーズについて

  • UMDでのフリーズがいくつか報告が上げられています。今作も読み込みが結構頻繁にあるのでその読み込み不良から起こるものかと思います。例のデータ流出の件以外にソフトそのものでもフリーズがあるようです。やはりキャッシュがある新型PSPが強いのかもしれません。

予約特典について

  • 有志が特典の特別指南の映像をUPしてくれたようです。要点を押えた解説をしてくれているので、初めてギレンの野望を遊ばれる方は御覧になると参考になると思います。
ニコニコ動画→ パート1http://www.nicovideo.jp/watch/sm2248403
        パート2http://www.nicovideo.jp/watch/sm2248653
        パート3http://www.nicovideo.jp/watch/sm2248897
三つをまとめたもの
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2249251

登場キャラクターについて

  • もう登場するキャラやユニットが全て公開されているようです。改造コードから調べているみたいです。一応リンクしておきますね。しかしまあ、予想通りCCAのアムロやカスペン、エルヴィンは登場しないようですね。地味にガンダム戦記の部下のキャラも好きだっただけに未登場は残念です。しかしキャラ数多いですね。
  • CCAのアムロはやはり登場しないみたいですね。残念です。