※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガンダム試作3号機“デンドロビウム”


図鑑番号 形式番号 正式名称 開発プラン名 開発資金
065 RX-78GP03 図鑑:ガンダム試作3号機“デンドロビウム”
生産:ガンダム試作3号機・デンドロビウム
兵器:Gデンドロビウム
ガンダム開発計画3-2 10000

出典:機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
Height:140.0m
Weight:228.4t

必要基礎技術 必要MS技術 必要MA技術 必要敵性技術 関連機体条件 特殊条件
12 14 14 - GP03Sの開発 ガンダム開発計画

MS部ステイメンに続き、アームドベース部オーキスを開発する。
この機体の完成により最強の機動兵器、デンドロビウムが完成する。

開発期間 8 生産期間 4
資金 14500 資源 16500
資金(一機あたり) - 資源(一機あたり) -
移動 10 索敵 A
消費 70 搭載 -
機数 1 制圧 ×
限界 170 割引 -
耐久 600 運動 32
物資 400 武装 ×
シールド × スタック ×

改造先:
なし

特殊能力:
砲撃可能
Iフィールド装備
脱出機構装備(ガンダム試作3号機・ステイメン

生産可能勢力:
地球連邦軍

武器名 攻撃力 命中率 射程距離
メガビームホウ 320 55 2-3
Fバズーカ 180 50 1-1
ミサイルポッド 264 80 2-3
(隠し)ビームサーベル 250 95 0-0

攻撃 - - - - - - -
移動 - - - - - - -

寸評:
ボールシリーズや可変機を除けば、連邦勢力で開発できる唯一のMA。
火力は数値上は高いものの、攻撃回数や限界値が十分でなく、武装の射程もチグハグなので、実際はそれほどでもない。また、耐久も特筆するほど高くはないので、実弾装備の機体や機動性・格闘能力に優れたMSを相手にすると簡単に撃墜されてしまう。それでも連邦では貴重な、Iフィールドと砲撃機能を搭載した兵器であることに変わりはないので、配置に気を付けて運用していれば、激戦区の攻略難度を確実に下げてくれる。カオスプレイでないなら、砲撃ユニットにはサイサリスよりもこちらを採用しよう。
添付ファイル