※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガンキャノン量産型



図鑑番号 形式番号 正式名称 開発プラン名 開発資金
039 RX-77D 図鑑:ガンキャノン量産型
生産:ガンキャノン量産型
兵器:ガンキャノン-D
ガンキャノンの改良 5000

出典:機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
Height:17.5m
Weight:51.0t

必要基礎技術 必要MS技術 必要MA技術 必要敵性技術 関連機体条件 特殊条件
9 10 - 9 ガンキャノン重装型の開発 -

RX-77を再設計し量産機を開発する。これまでのRX-77系MSの開発で得られた
データを元に開発を行い完成度の高い機体を目指す。

開発期間 6 生産期間 1
資金 2070 資源 3150
資金(一機あたり) 690 資源(一機あたり) 1050
移動 6 索敵 C
消費 25 搭載 ×
機数 3 制圧
限界 130 割引
耐久 90 運動 12
物資 200 武装 ×
シールド × スタック

改造先:
高性能化(ジム・キャノンⅡ)1533/2760

特殊能力:
なし

生産可能勢力:
地球連邦軍
エゥーゴ
エゥーゴ・クワトロ
ティターンズ
ティターンズ・シロッコ

武器名 攻撃力 命中率 射程距離
240ミリ キャノン 84 60 2-3
ビームライフル 48 50 1-1
Hバルカン 20 30 1-1

攻撃 -
移動 - -

寸評:
連邦2部の主力ともいえるジム・キャノンⅡの開発に必須のMS。
この機体自体の性能は良好なのだが、後継のジムキャノンⅡに比べると、ほぼ同コストながら全面的に性能が劣るので、活躍できる期間は短くなってしまうかもしれない。ただ主武装が実弾という点で差別化が出来ているので、対Iフィールド用として数ユニット残しておいてもいい。