※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガンダム試作1号機“フルバーニアン”


図鑑番号 形式番号 正式名称 開発プラン名 開発資金
063 RX-78GP01-Fb 図鑑:ガンダム試作1号機“フルバーニアン”
生産:ガンダム試作1号機・フルバーニアン
兵器:Gフルバーニアン
ガンダム開発計画1-2 5000

出典:機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
Height:18.5m
Weight:43.2t

必要基礎技術 必要MS技術 必要MA技術 必要敵性技術 関連機体条件 特殊条件
9 14 9 - GP01の開発 ガンダム開発計画

GP-01のコアファイター部にブーストポッドを装備させて宇宙専用機に換装し、
さらにアポジモーターを増設し、機動性と運動性の飛躍的な向上を図る。

開発期間 4 生産期間 2
資金 5000 資源 6000
資金(一機あたり) - 資源(一機あたり) -
移動 9 索敵 C
消費 28 搭載 -
機数 1 制圧
限界 190 割引 -
耐久 280 運動 55
物資 200 武装 ×
シールド スタック

改造先:
地上対応(ガンダム試作1号機・ゼフィランサス)1470/3190

特殊能力:
脱出機構装備(コアファイターⅡ(宇宙仕様))

生産可能勢力:
地球連邦軍

武器名 攻撃力 命中率 射程距離
ビームライフル 240 60 1-1
Hバルカン 45 30 1-1
ビームサーベル 138 80 0-0
(隠し)ビームサーベル 60 85 0-0

攻撃 - - - - - - -
移動 - - - - - - -

寸評:
ガンダム開発計画の一機でゼフィランサスの宇宙用装備。
今回改造が出来るので、地上が主戦場でも宇宙で待機させたり廃棄する必要が無くなった。
前作ほどではないが運動性や限界が高いので、2部の序盤から中盤にかけての主力になれる。
添付ファイル