※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブルーディスティニー1号機


図鑑番号 形式番号 正式名称 開発プラン名 開発資金
058 RX-79BD-1 図鑑:ブルーディスティニー1号機
生産:ブルーディスティニー1号機
兵器:BD-1
EXAM搭載実験1 4000

出典:ゲームオリジナル
Height:---m
Weight:---t

必要基礎技術 必要MS技術 必要MA技術 必要敵性技術 関連機体条件 特殊条件
6 7 - 7 陸戦型ガンダムの開発 EXAMの研究

亡命科学者クルスト博士が開発したEXAMシステム搭載実験を行う。
RGM-79Gを改修した実験機に搭載を行い、システムの性能評価を行う。

開発期間 6 生産期間 2
資金 2200 資源 3600
資金(一機あたり) - 資源(一機あたり) -
移動 8 索敵 D
消費 30 搭載 -
機数 1 制圧
限界 165 割引
耐久 180 運動 34
物資 200 武装 ×
シールド スタック

改造先:
高性能化(ブルーディスティニー2号機)1610/3200

特殊能力:
EXAM搭載

生産可能勢力:
地球連邦軍
ジオン公国軍

武器名 攻撃力 命中率 射程距離
マシンガン 128 65 1-1
Cミサイル 30 60 1-1
Hバルカン 32 30 1-1
ビームサーベル 102 75 0-0

攻撃 - -
移動 - - -

寸評:
ブルーディスティニーシリーズの原型。機体性能はそこそこあり、EXAMが発動した時の攻撃力は目を見張るものがある。移動力や適正も素晴らしい。しかしシステム発動の代償として疲労度が激増する欠点があるので、使いやすい機体とは言い難い。
開発の時期的に宇宙戦に移行してしまう時期なのも痛い。生産するなら宇宙にも出られる2号機・3号機がオススメ。