※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギラ・ドーガ指揮官機


図鑑番号 形式番号 正式名称 開発プラン名 開発資金
481 AMS-119 図鑑:ギラ・ドーガ指揮官用
生産:ギラドーガ・S
兵器:ギラドーガ指揮官機
指揮官用ギラ・ドーガの開発 3500

出典:機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
Height:20.0m
Weight:50.8t

必要基礎技術 必要MS技術 必要MA技術 必要敵性技術 関連機体条件 特殊条件
28 ギラ・ドーガの開発

開発プランコメント
AMS-119を改修し、指揮官用の機体を開発する。
エースパイロットの要望に応じて機体に改修を施し、性能の強化を図る。

開発期間 2T 生産期間 2T
資金 4800 資源 7200
資金(一機あたり) - 資源(一機あたり) -
移動 8 索敵 C
消費 28 搭載 -
機数 1 制圧
限界 170 割引
耐久 580 運動 48
物資 250 武装
シールド スタック


改造先:
パイロット適応(ギラ・ドーガ指揮官機(レズン専用機))2600/4125
高性能化(ヤクト・ドーガ)8400/14400
飛行ユニット追加(ギラ・ドーガ指揮官機/ドダイ改搭乗)120/300

特殊能力:
制圧可能
シールド装備

生産可能勢力:
ジオン公国軍
ネオジオン・キャスバル
ネオジオン

武器名 攻撃力 命中率 射程距離
ビームマシンガン 240 55 1-1
シュツルムファウスト 55 65 1-1
シールドグレネード 60 60 1-1
ビームソードアックス 174 99 0-0


攻撃 -
移動 - -

寸評:
同時期に開発できるヤクト・ドーガに性能面では劣るものの、生産必要資金はヤクトの4割と抜群のコストパフォーマンスを誇る。しかしやはり登場が終盤すぎるので量産する機会はあまりないかもしれない。