※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲルググJ(イェーガー)


図鑑番号 形式番号 正式名称 開発プラン名 開発資金
244 MS-14JG 図鑑:ゲルググJ(イェーガー)
生産:ゲルググJ(イェーガー)
兵器:ゲルググJ
統合整備計画3 5000

出典:機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
Height:19.2m
Weight:40.5t

必要基礎技術 必要MS技術 必要MA技術 必要敵性技術 関連機体条件 特殊条件
12 14 - 13 ゲルググキャノン 統合整備計画の実施

統合整備計画によって提案された第2期生産型MSの開発を行う。
MS-14に全面的な改修を施し、機体の全体的な性能の向上を図る。

開発期間 6 生産期間 2
資金 2000 資源 3200
資金(一機あたり) - 資源(一機あたり) -
移動 7 索敵 C
消費 32 搭載 -
機数 1 制圧
限界 160 割引
耐久 220 運動 32
物資 200 武装 ×
シールド × スタック

改造先:
なし

特殊能力:
なし

生産可能勢力:
ジオン公国軍
ネオジオン軍(キャスバル)
デラーズフリート
アクシズ
アクシズ・グレミー
ネオジオン

武器名 攻撃力 命中率 射程距離
ビームマシンガン 96 85 1-2
ソクシャホウ 42 60 1-1
(隠し)タックル 50 85 0-0

攻撃 - - - - - - -
移動 - - - - - - -

寸評:
エースパイロット用の狙撃型MS。設定では1年戦争で最高峰の性能を持つと言われている。
だが、今作ではギャンキャノンと同じく1機編成になってしまい、存在意義が危ぶまれている。
1機編成なのに量産機程度の火力しかない。というか3機編成だった系譜の頃とデータが同じ。
しかも宇宙専用なので使うならゲルググキャノンの方がマシと、完全に落ちぶれた悲しい機体。