※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガーベラ・テトラ改


図鑑番号 形式番号 正式名称 開発プラン名 開発資金
069 AGX-04 図鑑:ガーベラ・テトラ改
生産:ガーベラ・テトラ改
兵器:ガーベラ・テトラ改
ガーベラテトラの改良 8000

出典:0083MSV
Height:---m
Weight:---t

必要基礎技術 必要MS技術 必要MA技術 必要敵性技術 関連機体条件 特殊条件
12 15 12 - ガーベラ・テトラの開発 -

AGX-04を改修した高性能機の開発を行う。
機動・運動性の向上およびビームマシンガンの強化によって強襲能力の強化を図る。

開発期間 8 生産期間 3
資金 5800 資源 6900
資金(一機あたり) - 資源(一機あたり) -
移動 10 索敵 B
消費 36 搭載 -
機数 1 制圧
限界 185 割引 -
耐久 340 運動 53
物資 240 武装 ×
シールド × スタック

改造先:
なし

特殊能力:
なし

生産可能勢力:
ジオン公国軍
デラーズフリート

武器名 攻撃力 命中率 射程距離
ビームマシンガン 288 60 1-1
ソクシャホウ 48 70 1-1
ビームサーベル 165 70 0-0
(隠し)ビームサーベル 80 75 0-0

攻撃 -
移動 - -

寸評:
ガーベラテトラの改良型。生産コストが1割ほど増加し、それに見合った強化がされている。
装甲や攻撃力の補強もありがたいが、最大のポイントは移動力の更なる上昇。可変機を除けば作品中トップクラスの数値になり、宇宙では5マスもの移動が可能になった。地上適性の悪さにさえ目を瞑れば、使い勝手のいい高性能機なので、アクシズ製MSの登場まで頼れる存在となる。ちなみに、連邦軍では第一部の速攻ボーナスでガーベラテトラのプランを入手できるものの、こちらの機体は開発出来ない。
添付ファイル