副業とは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 副業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

副業(ふくぎょう)は、サイドビジネス兼業ともいわれ、収入を得るために携わる本業以外の仕事を指す。副業は就労形態によって、アルバイト在宅ビジネス内職などに分類される。また、収入形態によって給料収入、事業収入、雑収入に分類される。

目次

[編集]副業の禁止緩和

日本国では従来から民間企業の被雇用者や公務員が副業を行なうことは原則禁止されている。しかし、民間企業は生き残りをかけて早期退職制の導入などの人員合理化や経費削減を行い、積極的に企業のリストラを進めている。これに伴って民間企業の副業に対する禁止措置は緩和されてきている。

[編集]副業の効用

副業は収入を得るだけに止まらず、ビジネススキルの向上にも役立つという効用もある。雇用関係が終身雇用から流動的な雇用に変わってきている現在、従業員は転職予備軍であり、起業予備軍でもある。したがって、このような副業の効用に注目して、従業者に副業を解禁する企業が増加してきている。

[編集]公務員と副業

公務員については国家公務員法地方公務員法で、副業を行なうことが禁止されている。その直接の根拠法令は以下の通り。

  • 国家公務員法(私企業からの隔離)
第百三条 職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。
  • 地方公務員法(営利企業等の従事制限)
第三十八条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。
2 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

このように、職員は許可なく営利を目的とする私企業を営んだり、その企業で地位を得たり、あるいは報酬(収入)が発生するいかなる事務にも従事してはならないと規定されている。

また、公務員の副業内容は、職務遂行上で得た秘密の保持(守秘義務)、信用失墜行為の禁止などの面からも制限されることになる。

[編集]情報技術社会と副業

情報技術の革新とインフラ整備によって、副業の仕事内容は多種多様化し、パソコンやモバイルを通じて誰でもが気軽に参加できるのが副業である。この動きを加速しているのがアメリカにおけるインターネットビジネスの隆盛である。

アメリカンドリームの再来ともいわれ、インターネットビジネスによる[億万長者]が輩出し、それは日本においても書籍などで紹介されている。日本でもWEB上で、ネット起業をめざすサラリーマンが増加している。それと並行してネット起業のためのツールやノウハウも専用の販売サイトがネット上を賑わせている。

他方、ネット起業に携わるにはスキルやノウハウに対する経済的投資や習熟するまでの時間投資などが必要とされる。しかし、ネットで多額の収入を得ているプロに比較した場合、情報量の乏しさやスキルなどによる高い参入障壁、参入のタイミングの失敗なとで、現実に収入に結びつくネット起業家は少数派である。

また、インターネット上で売買される情報の質も粗悪なものが多く、リアルビジネスと同様にマルチまがい商法やねずみ講、内職商法詐欺などの悪質商法の温床ともなっており、ビジネス初心者の被害が後を絶たない。

[編集]副業と情報商材

ネット起業はすべてをゼロから行なうと膨大な時間が必要になる。特に、副業者は本業のような十分な教育プログラムや研修を受ける機会が少なく、そのための時間もかけられない。

そのため、ネット起業家は知識やノウハウを得て時間を短縮しようと情報商材を購入する。しかし、購入する側からは情報商材の中身がインターネット上では見えないので、商材自体や作成者の実績、評判、信用などをよく見極める必要がある。また、情報商材の質以前の問題として、購入側の知識やスキルの高低によってその価値が高くもなり低くもなるという一面がある。

他方、ネット上で販売されている情報商材には良質なものもある。

それは、成功した人のノウハウであること、再現性のあるノウハウである。このような商材を購入するというのが基本であるとされる。

[編集]副業の今後

不景気の長期化、終身雇用等の崩壊等から今後副業人口は増えるとも言われている。しかし、日本人の感覚として、本業で稼げない中途半端な人間がする事というイメージが未だに根強く、自分の趣味を副業としている者以外は口外していないのが現状である。