アニメ休止事件

アニメ休止事件
2007年9月中旬、親を斧で殺すという哀しい事件がおこり、「斧を使って殺害」=某アニメの影響か、とマスゴミが騒ぎたてた。その影響でTV会社は放映中のアニメを休止するという対策をたてる。

それに対し「閉鎖中」であるはずのぽーたんが、スレを見ていたのか、1日2日でころころ変えたコメントを残したもの。


>とりあえず近況。
>絶望先生も終わって、モノノ怪も終わりだってのに
>何この生殺し……。
>マスゴミなんて大嫌いだ。
>閉鎖しても擬人化描きまくってます…何してるんだ、私は。

「誠」というのは、休止されたアニメの主人公の名前。
また「おの女」は「斧女」だと思われ、ぽーたんは「犯人、死ね」と言っている事になる。

そしてあくる日

>開いた口が塞がらないってこのことだと思う…。
>これで(アニメタイトル)完全休止とかなったら、本当にどうしよう…。
またマスコミは、アニメとかに無理矢理関連付けるんでしょうか。
>「ほーら、やっぱりアニメは危険だ」みたいに…。

女性の斧事件から数日後、少年が同じく斧で親の頭を殴打する、という事件が起きてしまう。
ヲチャは「ぽーたんの様にたかがアニメが休止される位で人に死ねだなんだと罵る奴が増えたから危険だ。放映休止は正解」と口々に言う。

ちなみに「完全休止」は「放映打ち切り」という。
ぽーたんの言葉を借りるに、現在のぽーたんサイトは「不完全な閉鎖」状態なのだろう。

閲覧者から注意があったのか、スレを見ていたのか、数時間後文章が書き足される。

>あと別に人の命を疎かにしてるわけじゃないよ…
>でも(キャラ)も言ってるけどさ…
>無関係な現実は娯楽なんだろうね…どんなに残酷でもね……。
>どんなに奇麗事並べたって、あれらの事件は私には無関係だし…
>関係があるって言えば、あの事件の所為で(アニメ)が休止になったて事だし。
>斧女の父親も今回の父親も、凄く気の毒だし、可哀想だし
>親を殺そうとする子供がいるってのが凄く嘆かわしいけどさ…。

「死ね」と簡単に言える人間が「命を疎かにしていない」とは笑わせる。

同日夕刻、この記事は消され「おりじにゃる」画像に差し替えられる。
相変わらずの言い訳と削除を繰り返すその姿勢にヲチャは落胆のため息をついた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。

添付ファイル