※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Acetone dimethylacetal



 [別名]2,2-Dimethoxypropane
 [和名]アセトンジメチルアセタール,2,2-ジメトキシプロパン

 アセトニド化試薬。


 弱い酸条件にさらすと,メタノールの脱離を伴ってオキソニウム種を生じる。このオキソニウム種にヒドロキシル基が反応する事でアセタール交換が起こり,アセトニド化が進行する。

 水との反応によってアセトンとメタノールに分解する。

  • 物性

構造式
示性式 Me 2 C(OMe) 2
分子式 C5H12O2
分子量 104.15
CAS No. 77-76-9
沸点 83 ℃
密度 0.847 g/mL(25 ℃)


実験法

入手

 市販されている。

精製

 水と反応してメタノールとアセトンに分解している。
 アセトニド化反応において,大量のアセトンジメチルアセタールを用いる場合が多く,アセトンやメタノールが混じっていても大きな損失がないため,ほとんどは精製を必要としない。
 精製する必要がある場合は,Vigreux管を用いて精密蒸留することで得る。