※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

華麗なるやらかしの歴史【10年2月頃】



よしもとオンライン 2010-02-26

井上「だからそれだけ昔に比べてSEXというのが軽いものになってきてんねんて
   だってお前今の初体験の平均年齢、12から13やで (※1)」
石田「あのね本の情報も鵜呑みにしていいのかってことですよ
  はっきり言ってあれぐらいの世代は一番嘘をつく、一番強がるわけですよ」
井上「でも俺コンパで20代の子と結構飲む機会いっぱいあるけど、
   まあ小六中一やで、俺の聞いてる子はね
初恋タロー「でも海外だと9歳とかいるみたいですよ」
井上「 平均年齢は難しくて、大体は14歳から15歳、多いのだと
   ただ8歳9歳とかおるから平均年齢ぐっと若くしてる 、それがややこしなる」
石田「まあそれたぶんエロそうな地域の人に聞いてるんやろ、真面目そうな地域ならまだ22歳とかになるんちゃう」
井上「でも今おらんよね、20歳以上で処女の子、いや一応おるけどそんなにはおらんで」 (※2)
石田「おまえの行ってる場所がそういう華やかな場所なんやろ」
井上「ここの子(スタッフを指して)どやって話や」
石田「お前そんなんセクハラっていうねん」(井上石田爆笑)
井上「なんでやねん、全然セクハラちゃうやん、一人一人問いつめてったらまた違うけど」
石田「でもお前今それ言ったら目線落とした人とかおったで」
井上「バラエティについてる時点で捨てやがれそんな気持ち!」

※1 2009年に厚生労働省の「全国的実態調査に基づいた人工妊娠中絶の減少に向けた包括的研究」の一環として
行っている「男女の生活と医に関する調査」内で発表された女性の初体験の平均年齢は19.1歳

※2 ※1内の調査での年齢比では初体験年齢が20歳以上の女性が全体の3.6割を占めている


あほやねん! すきやねん! 2010-02-15


637 :2月15日放送 あほやねん!すきやねん!1 :sage :2010/02/17(水) 05:00:34
午後4時50分番組開始
MCの中山功太、西堀裕美アナ、月曜レギュラーのジャルジャルが登場してOPトーク
功太 「豪華ゲストが来るはずでしたが、仕事の都合で遅れてます」
4時55分から10分間全国のニュースに切り替わるが
ニュースが明けてもスタジオにNON STYLEの姿はない
功太 「ゲストの方が遅れているので、変則的にコーナーを行なっていきます」
不測の事態のためか、コーナー間はバタバタした印象
トークコーナーが終わり、オリンピックをテーマにしたゲームの対決コーナーに移る
ノンスタの代理は功太が務めることに
ヤカーリング(ヤカンを滑らせて競うカーリングのような競技)対決が終わり
バンクーバークイズ対決開始

  • 遅刻とその言い訳
午後5時35分
クイズが一問終わったところでやっとノンスタ到着
井上は普通に歩いてきて観覧客に一礼
石田は腰をかがめ手を叩きながら登場して第一声
石田 「スケジュールがおかしいねん!」
出演者達にどういう事なのか訊かれてジャルジャルや客を指差しながらまくしたてる石田
井上も補足説明を入れているらしいが石田の声が大きくて聞き取れず
石田 「ちゃうちゃう、スケジュールおかしいねん。
   仕事終わるんが2時10分やってんな、東京で。
   新幹線の時間が2時17分ってもうありえへんやん!」
後藤 「まあ、確かに」
井上 「間に合えへん間に合えへんねん」
石田 「そう、それで俺らは頑張ったよ、頑張って来たよ!」
功太 「頑張って来た?」
石田 「頑張って来たよ!」
功太 「(来てくれて?)ありがとうございましたノンスタイルーーーー!!」
スタジオ全員で拍手


638 :2月15日放送 あほやねん!すきやねん!2 :sage :2010/02/17(水) 05:02:07
井上と功太の顔が似ている、という話のあと改めてノンスタの紹介
功太 「今日はよろしくお願いしまーす」
石田 「じゃーじょーじぇっじゃーっ(今日はどうもよろしくお願いします?)」
井上 「ちわーす」
石田 「さあ皆さんお待たせしましたよー」
石田が手を叩きながら用意された椅子に座りクイズ再開
ここまで遅刻に対する謝罪なし

  • スタッフにキレる石田
クイズの二問目が終わり、三回戦の相方大スキー選手権開始
コンビの片方に対する質問にコンビで同じ回答ができれば正解、というゲーム
{カンペに書かれた質問とテロップの質問が違っていて
功太がスタッフに間違えてますよ、と指摘したところで石田が異様に食いつく
石田 「え?どっち?どっち?どっちなんですかどっち」
西堀 「字幕の…」
石田 「後でしっかり話し合いましょう!」
功太やジャル、井上までもがまぁまぁまぁ、となだめるが無視、立ち上がってスタッフを指差し
石田 「※△○◆(聞きとれず)はダメですよ!!」
井上 「一生懸命やってはるんやから…」
場を収めるために乗っかった功太が「恥かいたでしょ!」と叫び
ジャルも椅子から立ってフォローに回るが勢いの止まらない石田が功太の前まで出て絶叫
石田 「誰や恥かかしたん!!」
ジャルは困惑、功太と西堀アナは笑顔が顔に張り付いた状態
井上が立ち上がり、答えを書くスケッチブックで石田の頭を叩く
首を押さえながらよろける石田
功太 「ほら、体弱いねんから」
福徳 「すごい音した」
功太 「ごめんなさい、皆さん」
功太が観覧客(とスタッフ?)に謝罪してノンスタとジャルが椅子に座る
石田が「小杉イズムがすごいぞ、お前」と井上に対してツッコミの強さを指摘
無視してすぐさまコーナーの進行に戻る西堀アナ


639 :2月15日放送 あほやねん!すきやねん!3 :sage :2010/02/17(水) 05:03:22
  • 石田のゲスい話1
一問目「相方の嫌いなところは?」
井上が石田の嫌いな所を書き、石田は井上の答えを想像して書く
井上の答え…ヤドカリとしか会話しない
石田 「それも一方的(に話してるだけ)ですけどね」
石田が自宅でオカヤドカリを飼っている、と話す
石田の答え…おかんが井上の事を金ヅルと呼んでいる
井上 「石田の事は天才って呼んで俺の事は金ヅルって呼んでる」
石田がさすがに金ヅルはまずい、と言ったら最近はヅルっちと呼んでいるらしい

  • 石田のエア彼女話
二問目「実は知っている相方の秘密とは?」
後藤と石田の秘密を暴露し合う問題だ、と功太に言われて井上に
石田 「お前、倫理的に考えろよお前」
TV的に色々あるから、と功太が彼女の事がスクープされた事を言うと
石田 「親父さんに無視されてますから、その辺はスルーしていきましょう」

  • 井上の女子アナへのセクハラとダブスタ
福徳の書いた後藤の秘密…ケツ毛が濃過ぎる
功太と後藤がケツ毛でボケて笑いが起こった後に
井上 「ケツ毛の話になった時一言も入ってこおへんようになったやん~」(5時45分10秒)
井上が西堀アナを指差して不満気に非難
西堀 「え、私ですか?」
功太が矛先を変えようとさらにケツ毛でボケる
西堀 「ちょっと下品な発言は控えて頂きたいと思います」
井上 「NHKですからね、ダメですよ~」(5時45分19秒)
話に入らなかったアナを非難した9秒後に話をした芸人達を非難する井上


640 :2月15日放送 あほやねん!すきやねん!4 :sage :2010/02/17(水) 05:04:30
  • 石田のゲスい話2
井上の書いた石田の秘密…2009年2度おもらしした
客席から「えー…」と引いた様子の声
石田「二度じゃないよ」
石田の書いた自分の秘密…信じれない程の借金
客席からは「えー!」と驚きの声が上がる
借金の理由を訊かれた石田、キレ気味に
石田 「色々あるがな家庭の事情やないか!」
井上 「石田君はご家族の借金を一人で担ってますから」
ダークな話題に突っ込めない様子のジャルジャル
俺は答えを当てに行った、俺も当てに行ったと言い争うノンスタを遮るように
西堀アナがコーナーを〆る
コンビ対決は引き分けという結果に
西堀 「ノンスタイルさんどうもありがとうございました」
功太 「ノンスタイルありがとう!」
カメラは功太とアナに固定されてノンスタは映らず
5時46分謝罪のないままノンスタの出番終了

約9分間、関西のニュースのあとレギュラー陣でEDトーク
功太 「ノンスタイルがお仕事の関係で遅れるという事がありましたけども
    来てくれましてね、ありがとうございます今日は盛り上がりました」
ジャル後藤が軽くやりすぎの告知
午後6時番組終了



SUPER SUPRISE FRIDAY うんちくクン 2010-02-26


『みんなの知らないお笑い芸人の裏側』
スタジオゲスト:高橋ジョージ、久保純子、三倉茉奈、三倉佳奈

NON STYLE「お笑い芸人のうんちく」

M-1グランプリに優勝した後、1日に20本の取材を受けた。(井上)
新幹線での移動中に隣で取材された。(石田)

ttp://www.ntv.co.jp/surprise/friday/unchiku/index.html



オンライン 2010-02-26 (アーカイブでの44:35~)


井上「だからそれだけ昔に比べてSEXというのが軽いものになってきてんねんて
    だってお前今の初体験の平均年齢、12から13やで」
石田「あのね本の情報も鵜呑みにしていいのかってことですよ
    はっきり言ってあれぐらいの世代は一番嘘をつく、一番強がるわけですよ」
井上「でも俺コンパで20代の子と結構飲む機会いっぱいあるけど、
    まあ小六中一やで、俺の聞いてる子はね」
初恋タロー「でも海外だと9歳とかいるみたいですよ」
井上「平均年齢は難しくて、大体は14歳から15歳、多いのだと
    ただ8歳9歳とかおるから平均年齢ぐっと若くしてる、それがややこしなる」
石田「まあそれたぶんエロそうな地域の人に聞いてるんやろ、真面目そうな地域ならまだ22歳とかになるんちゃう」
井上「でも今おらんよね、20歳以上で処女の子、いや一応おるけどそんなにはおらんで」
石田「おまえの行ってる場所がそういう華やかな場所なんやろ」
井上「ここの子(スタッフを指して)どやって話や」
石田「お前そんなんセクハラっていうねん」(豚骨爆笑)
井上「なんでやねん、全然セクハラちゃうやん、一人一人問いつめてったらまた違うけど」
石田「でもお前今それ言ったら目線落とした人とかおったで」
井上「バラエティについてる時点で捨てやがれそんな気持ち!」

アーカイブの47:19~、問題発言は49:36
スカイプ2人目の15歳女子。表記は略して2にしています。
2人目「こんばんはー」
石田「こんばんわ」(おばあちゃんっぽく)
井上「お名前は?」
2「(2人目のHN)です」
井上「2さん、お住まいと年齢を」
2「(某都道府県)の15歳です」
井上「お若い~、じゃあ理解できない異性の行動を教えてください」
2「同じクラスの男子の言動が中二病なんですよ」
井上「なに病?」(顔をしかめながら)
石田「中二病?」(同じく)
2「で、しかも、めちゃくちゃイキってるんですよ」
井上「その…中二病ってのがよく分かんないんだけど、何それ?」
2「(沈黙)…あー、なんか例えばその人の言動だったら、いきなり誰も聞いていない
んですけど、一人で『あ今オレいきなり無性にジャンプしたくなった』とか言って
いるんですよ」
井上「ほうほうほうほう、それを中二病って言うの?」(しかめっ面)
2「なんかよく分からないんですけど、友達はそう言っています」
石田「中二病…」(しかめっ面以下略)
井上「友達の狭いコミュニティの話を出してくるとかー…他は?」
2「(沈黙)…常日頃から、行動とかがイキってるんですよ」
石田「ほう(井上のほうを見ながら)イキってるんですか、へー(スカイプ画面に戻る)」
2「ふふっ」
井上「(石田のほうを見ながら)今見ましたやん」
石田「いやいや…、え、普段男子がどんな感じなんすかー?」
2「常に髪の毛いじってたり…」(石田、また井上のほうを見出す)
井上「(石田のほうを見て)見ましたやん」
石田「見てない見てない」
井上(正面を向いてスマイル)
2「ふふっ、えとホント井上さん…のような」
石田「井上さんの意味がわからへんってことですか?」
2「…えっ?」
石田「井上さんの意味がわからへんってことで大丈夫ですか?」
2「…自分をカッコイイと思っている」
石田「はい、人が、意味が分からない」
2「…ふふっ…はい」
井上「おい何言うてんねんコラァ!!」(井上のアップ)
(スタジオ内爆笑、男の声のみ)
2「井上さんは~」(焦ったような声)
井上「さっきから(聞き取り不能、ちゃらちゃらちゃらちゃら?49:30頃)喋りやがって!!」
井上(アップで)「刺すぞ!!」(49:36)
(スタジオ、男の声でゲラ、石田ではない様子)
2「ああっ」
石田「あ~あ~あ~あ~」
石田(すまし顔で)「怒られましたね」
井上「(聞き取り不能、おそらく)何言うとんねん、さっきから…」
石田(すまし顔で)「怒られましたね」
井上「…わけ分からんことを」
石田「井上さんの…」
2「(大きな声で)井上さんのイキりはいいと思います」
石田「井上さんのイキりは別にいいけれども、同級生のそのイキった感じが腹立つと」
井上「何をしてんの同級生?別に髪の毛さわるの別にええやん」
2「いや、なんか、スタイルも凄く悪くて」
井上「お前、中学生にスタイル求めんなや、そっから発育していくとこやろ?」
2「あはははは…」
井上「(石田のほうを向いて)今見ましたやろ?」
石田「いや、発育せぇへんかったなーと思いまして」
井上「発育せぇへんかったのをいじられるのはしゃーない」
石田「ええ」
井上「中学生はこれからやないか発育は」
石田「(井上を指差しながら)いやこれからやぞーて言うてたから」
2「きゃはっ」
井上「そりゃあもう発育せぇへんパターンもあるけどな、そん時は、発育せぇへんかった
ときにいじってやれ」
石田「そうですね、それまで待ってあげて」
井上「待ってやれ、そんなんもう。他はー?」
石田「(井上が、何)怒ってんねん…」
井上「おかんむりや、その子(同級生の男子)かわいそうや、他は?他!」
2「そうですね…(沈黙)」
(石田、スカイプから目をそらして左の赤チェック服の男性(初恋タロー高森)にちょっかいを出す)
石田「うぜー(小声)」
井上「(石田に向かって)しゃべってるやろ、おい…(以降聞き取り不可能)」
石田「(左の男性を指差して)横山弁護士みたいになっとる…やめてよ!やめてください」
井上「ま、そういうのが、ちょっと許せないと、理解できないということですね」
2「…ちょっと、はい…」
井上「分かりました」
井上・石田「ありがとうございましたー」
2「ありがとうございました」
(スカイプ終了)
石田「はい、というわけで2さんは暫定5位となりました」
石田「ちょっと、いまいち伝わってこなかったので、情報が少なかったですね」
石田「先(1人目)パンチがちょっと強かったので」
井上「そうですよ、確かにね」
(ここまで51:35)