※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M-1関連問題発言


【やらかしのまとめ】


  • 「TVに出れなくなったら(M-1 2009)出なしゃーない」
  • 「M-1獲ってもイマイチだった(からKOCに出場)」
  • 松本人志の前で「王者なのに扱い雑」
  • 島田紳助の前で「M-1効果ってこんなもん?」
  • 「M-1優勝したのに 褒めない審査員 ダメ出し連発」
  • オードリー若林の誕生日にM-1トロフィーの画像を送りつける

詳細は以下に参照

2009-07-13 M-1グランプリ2009 開催概要発表会見


井上 「自分らの代でM-1が終わればいいのにという気持ちでいっぱい」
同席したオートバックス社長に「何とか2009年はやらない方向にならないですかね」

石田「みんながビックリするほどネタ書けなくなりました。
(M-1を獲って)どんだけ自分でハードル上げてるか…」
ツアーに向けたネタ作りでも10本中7本がボツになる有様だという。

「ぼくたちも一応出られるチャンスはありますので…」
「ツアーの出来を見てから考えたい」
井上「歴史に残る事をしてみたい」石田「前向きに検討します」
と、出場に含みを持たせたコメントを連発。
しかしオートバックス社長に「出るんでしょ?」と聞かれると
ノンスタの2人の回答は「まだ、わかりませんよ!」

会見出場者それぞれが、M-1に負けた際の公約(罰ゲーム)を発表、
記事にも「それぞれ今年の大会に挑む公約をユーモアたっぷりに宣言し、
会場に集まった報道陣を大いに笑わせた。」と書かれるが、
ノンスタの回答は
「エントリーしたときは優勝するつもりですから」=石田

記事
ttp://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20090713051.html
ttp://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090713/tnr0907131534006-n1.htm

yahooのトップページに
前回Vのノンスタ「M-1終われ」 と書かれる。
スクリーンショット
M-1終われ

集合写真で、石田のみでトロフィーを抱え井上と逆方向をむいている
隣の土屋(ナイツ)が相方のような姿で写真に写る。
ttp://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/entertainers/090713/tnr0907131534006-p2.jpg
ttp://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200907/13/14s.jpg


ケータイよしもと8月の月刊NON STYLEより(一部抜粋)

http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1251361271/547/
―― 今年のM-1はどうなんでしょうか?
井上「(前略)8月・9月の僕らの位置にもよりますし」
――といいますと?
井上「たとえば” ノンスタイルあかん”って事になって8月、9月、テレビに出れなくなってたら、
      出なしゃーなくなってくると思うんですよ。 だからこの1ヶ月、2ヶ月
     いただいてる仕事を頑張って、僕らがどれだけ売れてるか次第ですね。(後略)」


2009-09-06 さんまのスーパーからくりTVSP

http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1252169532/765/
「TSURAI」(TSUNAMI の替え歌)
風によろめく 細身の僕
クシャミすると あばら折れる
ツッコミ肩を叩く すぐに脱臼弱すぎる
腹弱くてM-1前 トイレさまようさだめ
優勝したのに 褒めない審査員 ダメだし連発
「ネタはいいけど 君たち おしゃべり出来ない」
王座つかんだ半年後
売れたのはオードリー  何故?


2009-09-22 キング オブ コント2009

http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1253553212/614/
松本が審査員席にいるノンスタをみつけて
「ノンスタイルおるやん! なんで出たんや!」
そしたら石田が
「知ってますやん。 M- 1獲ってもイマイチだったからですわ!


2009-09-26 22:48 石田ブログ

(前略)
あっ!先日、シノビーナで共演しているオードリーの若林くんの誕生日やったんで
おめでとうメールに、この画像を添付して送ってやりました。
ttp://nonstyleshiro.laff.jp/photos/uncategorized/2009/09/26/2009081210310000.jpg
(M- 1王者に渡されるトロフィーの写真)
ケケケ。
すると、若林くんからありがとうメールが返ってきました。
画像が添付されていたので見てみると…
そこにはオードリーのスケジュールが。参りました。


2009-10-13 08時00分配信 ORICON STYLE

ttp://career.oricon.co.jp/news/69731/full/
昨年の『M-1グランプリ』の覇者・NON STYLEが 12日、都内で行われた全国ツアー『~M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー~』の
ファイナルのステージで、2年連続で同グランプリに出場することを宣言した。
「歴史に名を刻みたい」という史上初の2連覇を目指す井上裕介は、
賞金の1000万円が下心丸出しの目的か と思いきや
「とりあえず、去年の優勝は忘れてできることをやる」と余裕の表情。
一方、石田明は昨年の優勝の時のような「涙はみせない!涙腺を手術する」と公約を宣言した。

全国14か所、10758人を動員したライブの締めで突如「重大発表がありまして……」と切り出した井上は
「(M-1覇者で)2年連続出場もいないし、 2連覇もいない。やるからには歴史に名を刻みたい!」。
石田から「なぜ出たいと思った?」と振られると“ナルシストキャラ”全開で「そこに、勝負があると思ったんです!」と言い切り、
集まった観客からの拍手喝采を浴びた。(中略)
井上は「(M-1出場条件の)10年を経過すると出場できなくなるのでそれまではやっぱり出たい。やりたい漫才をやって、もう1度決勝の舞台に立ちたい!」。
前回の賞金はすでに2人とも借金返済で無くなったこともあり 報道陣からは、
早くも2連覇達成時の賞金の使い道を聞かれ
「(大ファンの)上戸彩ちゃんのように両親に家を買ってあげたい」(井上)
「無料ライブをやりたい。結婚資金? まだ(交際相手の)お父さんから無視され続けてるので、何とか(優勝して)かいくぐりたい。
あと、公約で絶対に涙はこらえる!涙腺を手術します」(石田)。(後略)


3月号のマンスリーよしもとに載ってたノのM-1インタビューを一部抜粋  2010/2/1発売

―本戦には残れなかった。気持ちをすぐ敗者復活戦に切り替えられましたか?
井上
本当は敗者復活戦は出なくても良かったんですよ。 そのまま返還式に行けば
世間で、僕らが二連覇を目指して今年も出場してる事を知ってる人なんて、ほんとの
お笑い好きの方だけですから、 前年チャンピオンなのに落ちたっていう悪いイメージは
広がらなかったかも知れない。 でも、逃げ出すのは嫌ですから。 だったら
ポジティブに捉えて「敗者復活から優勝ってドラマチックで格好ええやん」と。
さっきも言いましたけど、僕、格好良いことが大好きですから(笑)
ただし、そこで負ける事があかんので、その辺はハイリスクでしたね」

(中略)

―ルールでは、一応、2010年も出られるんですよね?
井上
「そうですね。でも、もう良いかなと。正直、終わった時は、そりゃ悔しかったですけど、
1年目のM-1から考えたらこんな事になってるなんて考えられない事ですから、感無量ですよね。
大往生したという感じ。だから、これで芸人としての一つ目の人生は終わって、第二の人生が始まる。」

―でも、優勝したあとの2009年からが第二の人生だったんじゃないですか?
井上
「僕にとっては、2009年は次のレースに出るための準備期間だったんです。
2008年は漫才をやるための荷物しかリュックに入れずに歩いていた。そこから
いきなり次のレースには行けない。だから、2009年は荷物を入れ替えつつ歩いた。
そのおかげで、今は荷物がちゃんと入れ替わってる。忘れ物もなく。
これで、心置きなく新しいレースに参加できるわけです。そういう意味では
2008年よりも2009年の方がターニングポイントだったのかもしれませんね」