※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

# Redis 設定ファイル例

# デフォルトでは Redis はデーモンとしては実行されていません。もし必要なら 'yes' を使います。
# 注意として、Redis はデーモン化されたとき、ファイル /var/run/redis.pid に pid を書きます。
daemonize no

# デーモンとして実行されているとき、 Redis はデフォルトでファイル /var/run/redis.pid に pid を書きます。
# あなたが個別の pid ファイルがあるならここに場所を指定します。
pidfile /var/run/redis.pid

# 指定ポートでの接続の受け入れは、デフォルトで 6379 です。
port 6379

# もしシングルインタフェースにバインドしたいのなら、bind オプションを指定しない場合は
# 接続してきたすべてのインタフェースを待つでしょう。
#
# bind 127.0.0.1

# クライアントが N 秒アイドルなら接続を閉じます。 (0 は無効)
timeout 300

# ディスクの DB への保存:
#
# save <seconds> <changes>
#
# Will save the DB に保存したいなら、特定の秒と
# DB に起こった書き込み操作数の両方の数を与えてください。
#
# 次の例では、保存するためには:
# 900 秒 (15 分) 後、少なくとも 1 key の変更。
# 300 秒 (5 分) 後、少なくとも 10 keys の変更。
# 60 秒後、少なくとも 10000 keys の変更。
save 900 1
save 300 10
save 60 10000

# DB のダンプファイル名とダンプ場所。
dbfilename dump.rdb

# デフォルトの ワーキングディレクトリ へ/から の DB 保存/読取 場所 。
# 注意、ファイル名を指定してはいけない。
dir ./

# Set server verbosity to 'debug'
# 次のうちの1つを設定。:
# debug (たくさんの情報、開発/テストに有用)
# notice (適度に冗長で多分プロダクション環境で欲しいレベル。)
# warning (とても重要なもののみ / 致命的なメッセージをログ)
loglevel debug

# ログファイル名を指定。デーモンの標準出力のログも'stdout' 強制的に使われる。
# 注意、もしデーモン化して標準出力を使っていたら、ログは /dev/null に送られる。
#
logfile stdout

# データベースの数を指定。デフォルトデータベースは DB 0、, you can select
# 単一接続の SELECT <dbid> を使って別のデータベースを選択しに接続できる。
# <dbid> には 0 から 'databases'-1 の数を指定。
databases 16

################################# レプリケーション #################################

# マスター-スレーブレプリケーション。 slaveof を使うと別 Redis サーバのコピーとなる Redis インスタンスが作成されます。
# 注意、この設定では、ローカルに slave も起動して、 例えば、別ポートを listen するなどして、
# 異なった間隔で DB に保存するよう slave を設定することが出来ます。
#
# slaveof <masterip> <masterport>

################################## セキュリティ ###################################

# クライアンからの AUTH <PASSWORD> の問い合わせは別のどんなコマンドより前に処理されます。
# これは、redis-server を実行しているホストにアクセスする他のものを
# 何も信じられないような環境で有用かもしれません。
#
# これは後方互換のためコメントアウトされるべきです。なぜなら、ほとんどの人は認証を必要としません。
# (例えば、彼ら自身のサーバで実行します。).

# requirepass foobared

################################### 制限 ####################################

# 同時接続の最大クライアント数を設定します。デフォルトでは無制限です。
# この場合、the Redis プロセスを開くことが出来るファイルディスクリプタの数まで達します。
# '0' は特別な値で無制限を意味します。
# 限界にいったん達すると、Redis は閉じ、すべての新しい接続にエラーメッセージ
# 'max number of clients reached' を送ります。

# maxclients 128

############################### 拡張設定 ###############################

# 小さい出力バッファと一緒にくっつけて、単一 TCP パケットで小さくリプライを送るります。
# ほんのちょっと CPU を使いますが、今では1秒当たりのクエリの数の勝利です。
# はっきりしないなら 'yes' を使ってください。
glueoutputbuf yes

# オブジェクト共有の使用。データセットにたくさんの共通の文字がある場合、
# たくさんのメモリを節約できますが、共用オブジェクトプールに対して、
# より多くの CPU を使用して、パフォーマンスが少し遅くなったように見えます。
# 通常これは名案です。
shareobjects no