※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Google Wave 。






■各種設定
GoogleWave用Gmainインタフェースにアクセスして設定変更
=> 左下コンタクトリストを左クリック(すぐ離さず、しばらく押して離すとよい)

以下は初期インタフェースがすでにある
  • メール(Gmail)
  • カレンダー(Google Calender)
  • ドキュメント(Google Docs)
  • チャット・連絡先(Google Talk)







■ドキュメント和訳(asano氏)
http://sites.google.com/site/iaspectrumlibrary/


■wave 技術追ってる方blog (ksk氏)
http://waveproto.blogspot.com/



デスクトップアプリ化(MacOS X)
http://d.hatena.ne.jp/tanemori/20091018/MakeGoogleWaveappWithFluid




Rave:Wave Robot API for ruby
WaveOnRubyFirstStep












流れ。


with:public で全体に公開されているWaveを検索

with:public 使えなくなった
group:public@a.gwave.com を使うこと



興味のありそうな話題に参加 <=---いまここ

ヒト探し
「in:inbox to:<MYACCOUNT>@googlewave.com」で自分宛てメッセージを表示


コンタクトリストに「public@a.gwave.com」を追加すると自分のWaveを公開できる。PC単位に設定が必要らしい

コンタクトリストに「bouncy-wave@appspot.com」を追加して、「bounce:XXXXX(ボットのアドレス)」でBANできる

コンタクトリストに「sweepy-wave@appspot.com」を追加して
Wave作ると空メッセージを削除してくれる


「with:me」:自分が作成したWaveを検索
「by:me」:自分が更新したWaveを検索
「tag:<ほげ>」:タグ<ほげ>が付いているWaveを検索
「has:<ふが>」:<ふが>が添付されているWaveを検索
  has:image で画像付き
  -has:image で画像なし



datamapper や datanucleus に OT include して protobuf や MessagePack で被せたら幸せか?

巷ではリアルタイムとかコミュニケーションツールとかが前面に出ていますが、最も重要なのは「バージョン管理された更新履歴のあるドキュメントを作成できる」だと思う。OperationalTransformation万歳。

それにしても、Ted Nelson の Project Xanadu が引き合いにでないのはなぜだ。





コトハジメ。(windows)

JDK6。
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html
JREはインストールしない。(javacが見えなくなる)
環境変数JAVA_HOME設定

Apache Ant。
http://ant.apache.org/bindownload.cgi
PATH通す。

mercurial。
http://bitbucket.org/tortoisehg/stable/wiki/install から TortoiseHG 本体と日本語化レジストリをダウンロードしてインストール
0.8.1でもだめ文字は駄目みたい。

ソースダウンロードとコンパイル<WAVE_HOME>
http://code.google.com/p/wave-protocol/source/checkout

cd wave-protocol
ant dist

OpenSSLインストール
http://www.slproweb.com/products/Win32OpenSSL.html から
  • Win32 OpenSSL v0.9.8k Light
  • Visual C++ 2008 Redistributables
をダウンロードしてインストールする。
環境変数PATHにbinを通す。

cd <WAVE_HOME>
openssl genrsa 1024 | openssl pkcs8 -topk8 -nocrypt -out <waveca>.key
openssl req -new -x509 -nodes -sha1 -days 365 -key <waveca>.key -out <waveca>.cert

Common Nameにwave serverで一意になる名前をつける。(DNS名:マイコンピュータプロパティのフルコンピュータ名)(FQDNが吉)
他はデフォルト[Enter]で可。

<waveca>は任意。<>は使えない。


windows用の起動スクリプトを用意。
CERTIFICATE_DOMAIN_NAMEとXMPP_SERVER_SECRETは後で使うので覚えておく。
run-server.cmd
set PRIVATE_KEY_FILENAME=<waveca>.key
set CERTIFICATE_FILENAME_LIST=<waveca>.cert
set CERTIFICATE_DOMAIN_NAME=<DNSNAME>
set XMPP_SERVER_HOSTNAME=%CERTIFICATE_DOMAIN_NAME%
set XMPP_SERVER_IP=%XMPP_SERVER_HOSTNAME%
set XMPP_SERVER_SECRET=<opensesame>
java -jar dist/fedone-0.2.jar --client_frontend_hostname=127.0.0.1 --client_frontend_port=9876 --xmpp_component_name=wave --xmpp_server_hostname=%XMPP_SERVER_HOSTNAME% --xmpp_server_ip=%XMPP_SERVER_IP% --xmpp_server_port=5275 --xmpp_server_secret %XMPP_SERVER_SECRET% --xmpp_server_ping="" --certificate_private_key=%PRIVATE_KEY_FILENAME% --certificate_files=%CERTIFICATE_FILENAME_LIST% --certificate_domain=%CERTIFICATE_DOMAIN_NAME% --waveserver_disable_verification=true

クライアント。run-server.cmdに設定した<DNSNAME>を設定。
run-client.cmd
set WAVE_SERVER_DOMAIN_NAME=<DNSNAME>
set WAVE_SERVER_HOSTNAME=127.0.0.1
set WAVE_SERVER_PORT=9876
set USER_NAME = %1@%WAVE_SERVER_DOMAIN_NAME%
echo "running client as user: %USER_NAME%"
java -jar dist/fedone-client-0.2.jar %USER_NAME% %WAVE_SERVER_HOSTNAME% %WAVE_SERVER_PORT%
run-client.cmd admin とかで使う。



OpenFireインストール

<OpenFire_HOME>/bin/openfire.exe を実行。
起動したらLanchAdminボタンを押す。
English
<DNSNAME>
Embedded Database
default
admin@mailadress pass
一度再起動しないと有効にならないぽい。(stop -> start)
ユーザ名はadmin固定ぽい。

Server > Server Setting > External Components
 :Service Enabled => Enabled run-server.cmdに設定した XMPP_SERVER_SECRET かな?
 :Allowed to Connect => whitelist wave run-server.cmdに設定した XMPP_SERVER_SECRET かな?

Server > Server Setting > Security Settings
 :Server Connection Security => Custom で Accept self-signed にチェック

Server > Server Setting > Registration & Login
 :すべて Disable

Server > Server Setting > Compression Settings
 :Enable

Server > Server Setting > File Transfer Settings
 :Disable



windowsでは /new しても 新しい wave が作られない。











オペレーショントランスフォーメーション(Operational Transformation)(OT)
http://en.wikipedia.org/wiki/Operational_transformation