※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Redis コマンドリファレンス

Every command name links to a specific wiki page describing the behavior of the command.

接続の扱い:
* QUIT :接続を閉じる。
* AUTH :もし有効なら単純なパスワードで認証する。

string value のコマンド操作
* SET key value : key に string value をセットする。
* GET key :key の string value を返す。
* GETSET key value : key に string をセットして、そのキーの古いを返す
* MGET key1 key2 ... keyN :マルチGET、指定したキーの複数の値を返す。
* SETNX key value :set a key to a string value if the key does not exist
* INCR key :key の整数値を増やす。
* INCRBY key integer :integer 値分 key の value を増やす。
* DECR key :key の整数値を減らす。
* DECRBY key integer :integer 値分 key の value を減らす。
* EXISTS key :key が存在するかテストする。
* DEL key :key を削除する
* TYPE key :キーに保存された値の型を返す。

key スペースのコマンド操作
* KEYS pattern :与えられた pattern にマッチするすべての key を返す。
* RANDOMKEY :key スペースからランダムに key を返す。
* RENAME oldname newname :もし新しい名前の key が既にあれば破壊し、古い key を新しい名称変更する。
* RENAMENX oldname newname :もし新しい名前のキーが存在しなければ、古い key を新しい名称変更する。
* DBSIZE :カレントdbのキーの数を返す。
* EXPIRE :key の存在時間を秒で指定する。
* TTL :key の存在時間(秒)を取得する。

lists のコマンド操作
* RPUSH key value :key に List 値の最後に要素を追加する。
* LPUSH key value :key に List 値の最初に要素を追加する。
* LLEN key :指定 key の List の長さを返す。
* LRANGE key start end :指定 キー の List から要素の長さを返す。
* LTRIM key start end :要素の指定の長さの key へリストを切り出す。
* LINDEX key index :key の List から index の位置の要素を返す。
* LSET key index value :key の List から index の位置の要素から 新しい値をセットする。
* LREM key count value :最初N個、最後N個またはすべての要素に一致した値を除く。
* LPOP key :指定 key の List の最初の要素を(アトミックに)削除して返す。
* RPOP key :指定 key の List の最後の要素を(アトミックに)削除して返す。

Set のコマンド操作
* SADD key member :key の Set から指定した member を加える。
* SREM key member :key の Set から指定した member を除く。
* SMOVE srckey dstkey member :ある Set から別の Set へと指定した member をアトミックに移動させる。
* SCARD key : key の Set の要素の基数(濃度)を返す。
* SISMEMBER key member :key の Set の member が指定した値かテストする。
* SINTER key1 key2 ... keyN :key1, key2, ..., keyN の Sets の共通集合を返す。
* SINTERSTORE dstkey key1 key2 ... keyN :key1, key2, ..., keyN の Sets の共通集合を計算し、dstkey の Set の結果を保持し共通集合を返す。
* SUNION key1 key2 ... keyN :Return the union between the Sets stored at key1, key2, ..., keyN
* SUNIONSTORE dstkey key1 key2 ... keyN :Compute the union between the Sets stored at key1, key2, ..., keyN, and store the resulting Set at dstkey
* SDIFF key1 key2 ... keyN :Return the difference between the Set stored at key1 and all the Sets key2, ..., keyN
* SDIFFSTORE dstkey key1 key2 ... keyN :Compute the difference between the Set key1 とすべての Sets key2, ..., keyN との差を計算し、dstkey の Set の結果を溜める。
* SMEMBERS key :key の Set の member をすべて返す。

多重データベースを扱うコマンド
* SELECT index :指定した index を持つ DB を選択する。
* MOVE key dbindex :Move the key from the currently selected DB to the DB having as index dbindex
* FLUSHDB :現在の選択された DB のすべてのキーを取り除く。
* FLUSHALL :すべてのデータベースからすべてのキーを取り除く。 

ソート
* SORT key BY pattern LIMIT start end GET pattern ASC|DESC ALPHA :指定したパラメータに従って Set または List をソートする。

永続化コントロールコマンド
* SAVE :ディスク上の DB に同期に保存する。
* BGSAVE :ディスク上の DB に非同期に保存する。
* LASTSAVE :ディスク上のデータセットへ最後の保存に成功したときの UNIX タイムスタンプを返す。
* SHUTDOWN :ディスク上の DB に同期で保存し、サーバをシャットダウンする。 

遠隔サーバコントロールコマンド
* INFO :実行サーバの静的情報を提供する
* MONITOR :リアルタイムで受け取ったすべてのリクエストをダンプする。
* SLAVEOF :レプリケーションの設定を変更する。