※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■キャラクター名
真野 兵五

■学年
その他

■性別
男性

■所持武器
武器

■ステータス
攻撃力:1防御力:1体力:5精神力:8FS:15

■FS名
用務員

■特殊能力名
亜空間武器庫

■特殊能力内容
武器を持たないFS20の無意味能力者にのみ発動可能。自分永続戦線離脱、死亡非解除。
能力を以下の能力に変える。

能力名『核』
発動率100%成功率100%
マップ全体敵全員に100ダメージ
効果付属:全貫通
死亡非解除
制約:最終ターンまで効果遅延



■能力原理

凄まじい自重力に感動し、涙を流しながら核の発射ボタンを渡す。自分は爆発の届かないところまで逃げる。

ボタンを押しても核爆弾が届くまでには時間がかかるので最終ターンまで効果遅延。
また、なぜか知らないが爆発によってダメージを受けるのは敵のみである。


■希望発動率
99%

■キャラクター説明
無精ひげを生やした、引き締まった体をしたおっさん。
釣りが趣味で、よく中庭で釣りをしている姿を見ることができるが、
今のところ何かが釣れたところを見た者はいないので、釣りがうまいわけではなさそうだ。
話しかけると今の関西の様子や魔都新潟の話、幻の地佐賀の話などをしてくれる。
そのせいで実は崩壊した関西から逃亡してきた元特殊工作員だとか、
新潟から来た新手のくりーちゃーではないかなどいろいろと噂されている。

その正体は真野一族初期メンバーの一人、数百年前から存在している武器庫の付喪神。
大体のEFB能力者よりもよっぽど厄介な能力を思っているうえに、
「一応神だから」
といって、殺してもそのうち蘇ってくるという凶悪な魔人能力者。
基本的に荒事を好まず、のんびりできればそれでいいと思っているが、
何せお金がないと生活できないので希望崎学園で用務員をやっている。

普段は何も仕事をしないが、用務員仲間に危険が訪れた場合すぐさま敵を殲滅する用心棒のようなことをやっている。
彼が来てから、用務員の年間死亡者数が30%減少したといわれており、用務員仲間からも頼りにされている。

能力は『亜空間武器庫』
武器の概念を持つあらゆる物を自由自在に召喚し、使用することができる能力。
使用するまでが能力なので、射撃が全くできなくても銃を使用することができるし、
運転の仕方がわからなくても戦車を操縦したりすることもできる。
無論、召喚した武器を他人に譲り渡すこともできる。