※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】とある魔術の禁書目録
【ジャンル】小説(ライトノベル)
【名前】前方のヴェント
【属性】『神の右席』の一員、『神の火』
【大きさ】顔面ピアスまみれの成人女性、舌ピアスから十字架のついた鎖
【攻撃力】
 ハンマー:手元にあれば出現も消失も自由自在の有刺鉄線つき魔術ハンマー。長さは1m強。
 空気の鈍器:ハンマーを振る事で風の塊を発生させ、周囲の物体を巻き込んで打撃する魔術。
         風の塊は、ヴェントの舌ピアスから伸びる鎖の軌道に沿うように動く。
        射程は少なくとも5m以上。コンクリートの柱や壁を粉砕する威力。
         大きさはせいぜい半径数十cmで、速度は常人がハンマーを振るのと同じ程度。
 空気の錐:ハンマーを二度振り、風の鈍器を瞬時に二つ合成し発動。
        数百の風の錐が、アスファルトがめくれる威力で扇形に炸裂する。
       元が遅いためか、速度は常人でもギリギリ避けられる程度。射程数十m。
 空気の杭:空気の鈍器を三つ合成し人の顔よりは小さい直径の杭を作る。5mで常人が反応出来ない速度。
       射程は少なくとも5m以上。威力は通常の空気の鈍器と同等以上ではある。
        七つ合成してより巨大にも出来るが威力・速度・規模共に不明。
【防御力】身体的には人並み。
防護魔術:10m先からの対戦車ミサイルに対して汚れ一つ無く無傷。
       挙動が無かった事から恐らく常時展開。属性から風の防壁と思われる。
【素早さ】多少鍛えた人間並み。
 風を操って3m垂直ジャンプが出来る。
【特殊能力】
 天罰:自分に敵意を向けた人間を瞬時かつ強制的に仮死状態にする魔術。
  舌ピアスから鎖で繋いだ小さな十字架を核として常時無差別に発動。
    写真でも言伝でも、『ヴェントに敵意を向ける』だけで発動する。
    『不気味』『不快』『少し痛い目に遭ってもらう』程度の敵意でも発動。
  発動から数秒だけ思考は出来るが体は全く動かせず、最後には意識も途切れる。
  なお、仮死状態は基本的に十字架の無力化かヴェントの意志でしか解除出来ない。
 ※あくまで魔術なので、魔術無効化能力による無効は可能
【長所】本命の天罰術式
【短所】本命があくまで対人専用。しかも後遺症すら残さない
【戦法】天罰で倒れないなら主に風の錐か杭で頑張る


【備考】戦闘に至ってもこちらを敵(戦闘に値する相手)として見ない相手には
     敵意がないため天罰が通じない。
※身体構造や体の大きさが人間と著しく違うものに対しての効果は不明なので効かないものとする