※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

684 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/09/09(火) 17:07:21
【作品名】怨臭の彼方に
【ジャンル】短編小説
【名前】山田正蔵
【属性】映画俳優
【大きさ】成人男性並み
【攻撃力】身体能力は成人男性並み 他は特殊能力欄参照
【防御力】不老不死 手首を切って自殺しようとしたが傷口が即座にふさがってしまい断念
     みわたす限りの範囲の建物をすべて破壊するほどの爆撃をうけても大丈夫
     最初は空腹感を覚えるものの数日もすれば慣れる 餓死はしない
     宇宙空間に放り出されても生存、その後とほうもなく長い年月がたち彼の周囲に星間物質が集まり
     核融合反応を起こして一つの恒星になったがその恒星の中心部で生き続けた

【素早さ】成人男性並み
【特殊能力】悪臭:読んで字のごとく 時間がたてばたつほど臭いはひどくなる
     初期状態でも自宅の周りの野良猫やカラスが大量に死に、防毒マスクを装備して自宅に押しかけた
     抗議団がドアを開けたと同時に倒れ八名が死亡、二十五名が重態になった

     その後自宅がドームで覆われたが効き目なし、爆撃で生き埋めになってもダメで、最終的には岡山県から
     青森県までが人の住めない地域となり日本政府を機能停止に追い込んだ
【長所】臭い
【短所】自律行動型ロボには効果無し 宇宙戦闘できる機体も無理だろう