LOSシリーズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LOS (Legend of Sord)シリーズ(1998~)


今改めて考えても高一なのに中二病です。本当にありがとうございました。
…ではなくて、小学校の時書いた漫画「伝説の鎧」の続編的に考えていたら
鎧→剣 となった。 どうしてこうなった
後の水無月のファンタジー世界・キャラに与えた影響が最も大きいシリーズ。

LOSシリーズのキャラクターはこちら

Legend of Sord(1998~1999)


姉を探して旅をする青年・ レオンハルト が記憶喪失の少女・ アルテナ と出会い、
生家ハーシュバルツとこの世界の魔法技術に関する根幹の問題に関わっていく
王道ファンタジー漫画。
魔晶石 」というクリスタルを介して魔法を使うという、水無月初の
作内の魔法にメカニズムを持たせる 」という発想が導入された。


Legend of Sord After Story(AS)(1999)


LOSの後日談。
流石に主人公死んだままじゃ哀れすぎるだろう という事で
とってつけたような後日談。
前作で全く魔法を使えなかったレオンが魔法使いまくったり、黒幕があっさり生き返ったり
前作のシリアスとは一体何だったのか…という程のポップファンタジー

Legend of Eternal(2001~)


LOSのキャラクターが導入されているが、設定や舞台等ほとんどが刷新された
全くの別ストーリー。
(後に並行世界設定が適用された。)
何でも屋として生計を営む レオンハルト と貴族のお嬢様・ エナ を中心に
世界の根幹を揺るがす邪神に立ち向かっていく王道ファンタジー。
邪神って設定がまた19歳にもなってアレ なのだが、このアレな邪神が
後々アレン教の正当性を示す為に利用できるのだから世の中何が起こるかわからない。
ヒロインのエナとリィズは元々HP出身だったりする。
ちなみに 略がどっかの魔装機神と一緒で焦ったのはDS版が発売する直前だった という。

中見出し