GRIP


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダーツのグリップは、大きく「ツーフィンガー」「スリーフィンガー」「フォーフィンガー」の3種類に分けられる。これは、ダーツを支える指の数からこう呼ばれ、ツーフィンガーの場合、人差し指と親指の2本、スリーフィンガーの場合、人差し指と親指、中指の3本、フォーフィンガーはこれに薬指を加えた4本の指でダーツを握るという意味である。グリップは人によって千差万別であり、どんなグリップでも、狙いどおりに投げやすければ問題はない。

現在、スリーフィンガーグリップが最も一般的なグリップであり、ダーツを投げる際のリリースの感覚をつかみやすく、初心者にも最適なグリップといえる。これからダーツを始めようとする場合、スリーフィンガーである程度ダーツを投げる感覚を覚えてから、他のグリップをためしてみると良いだろう。

基本的なスリーフィンガーグリップ
まず始めにダーツの重心を探し、ダーツの重心を人差し指と親指で軽く摘むように持つ。この時、指先ではなく指の腹の部分で摘む様にすること。そして、中指をバレルの横、または上に軽く添える。