STANCE


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダーツの立ち方(スタンス)は、大きく「オープンスタンス」「ミドルスタンス」「クローズドスタンス」の3種類に分けられる。これはダーツボートに対する体の向きからこう呼ばれ、オープンはボードに対し正面、クローズドはボートに対し側面、ミドルはその中間の立ち方となる。どんなスタンスでも、自分が安定して投げられるものであれば問題はない。

以前はオープンスタンスが主流であったが、現在はミドルスタンス、クローズドスタンスが主流であり、プロや上級プレーヤーを見ても、このどちらかのスタンスを選んでいるプレーヤーがほとんどである。
どのスタンスも一長一短があるが、体のブレが少なく安定したフォームが作りやすいクローズドスタンスを基本とし、そこから自分で投げやすいスタンスを見つけると良いだろう。

基本的なクローズドスタンス
両足を肩幅位に開き、ダーツボードに対し体が横を向くように立つ。この際、体重のほとんどをダーツボード側の足にかけることにより、体がボードの方にせり出す形となる。